増税後もそのまま使える!3月中に買える定期券やレジャーチケットを見逃すな!|消費税5%期間を最大限に引き延ばす方法

この記事の所要時間: 241

はじめに

増税
3月も半ばになりました。4月からの増税を見越して何かしておいたほうがいいと思うけれど具体的に何をしたらいいかわからない。そんな方、多いのではないでしょうか?
前回は「増税後に値上げなし?!4月に行きたい増税後の価格据え置きお店特集」で増税後も値段を据え置くお店を紹介いたしましたが、今日は、チケット類に関して「増税前の今、買っておくべきものは何か?」をご紹介します。

3月中に買っちゃおう!4月以降も5%消費税の「経過措置」商品

増税
8%への税率引上げ後においても改正前の税率(5%)が適用される商品があります。
使う予定があるのなら、3月中に買ってしまいましょう!

オリエンタルランドのチケット

株式会社オリエンタルランドが経営する「東京ディズニーランド」や「東京ディズニーシー」は、4月から、チケットが値上がりします。
1デーパスポートが200円、年間パスポートが1000円の値上げです。

年間10回以上いくヘビーユーザさんは、3月中に年間パスポートを買っておくことをおススメします!
増税 

定期券

4月から定期券を使い始める方は、早めに窓口に行き定期券を購入しましょう
3月中に購入すれば、現行の5%で購入することができ4月以降も使用できます。
また、3月下旬は定期券や回数券を買い求める人で混雑が予想されます。早めの購入をおススメします。

ちなみに、3月18日よりJR東日本などの鉄道各社は4月1日から利用できる定期券の前倒し販売されています。
今なら、スムーズに購入できるかも!?

17年前の消費税引き明け時の様子
増税

参照元:http://www.huffingtonpost.jp

スポーツ観戦のチケット

4月に行われる試合のチケットであっても、3月中に購入すれば値上げ前の金額で購入できます。
例えば、川崎フロンターレは4月1日販売分から大人チケットが100円値上がりしますが、3月中に購入すれば現行の料金で観戦できます。
参照元:川崎フロンターレ
SAKKA-

2014 FIA F1世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリレース チケット

小林可夢偉選手がドライバーとして復帰する日本グランプリは、10月5日が決勝です。
行きたいな!と思っている人は、3月中の購入がおススメです。

ぎりぎり31日に購入するのであれば、時間にも要注意!なんと23時でいったんチケット購入は休止になり4月1日10時から消費税改定後の新価格で販売されます。

参考までに、V2席指定席は、3月中であれば、大人 68000円なのに対し、4月1日からは、70000円。
C指定席・小林可夢偉応援席は、3月中であれば 大人 37000円なのに対し、 4月1日からは、38100円となります。
増税

おわりに

増税
いかがでしたか?
増税まであと約半月。「経過措置」商品は、レジャーの分野で多く見受けられます。
「増税だからレジャーに出かける余裕がないわ」なんて思っている方も、まだ間にあうかもしれません。
早めに楽しい予定を立てて、チケットをゲットしちゃいましょう。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet