お手軽旅行はここで決まり!国内VS東南アジア観光コスパ最強はあの国!

この記事の所要時間: 321

はじめに

東南アジア 旅行 インフォグラフィックス

家族や恋人、友達と一緒に旅行へ行く際に参考になりそうなインフォグラフィックスをご紹介します。

最近は国内のツアーでも高級志向から値段の張るものが増えていますね。

ヨーロッパ圏は長旅になりますし、費用もかさみます。

そんな時に是非選択肢に入れて欲しい旅行先に、東南アジアがあります。

日本よりも遥かに物価が安いうえに交通費もお安く収めることができ、実際に旅行した人たちの満足度も高いことで評判です。

最初は不安かもしれませんが、一度旅行してみるとやみつきになるかもしれませんよ♪

今回は、そんな東南アジアと日本の旅行KCPを比較したインフォグラフィックスをご紹介します。

1. 1位はベトナム! 圧倒的コスパで旅行費は1万7千円!

観光 コスパ インフォグラフィックス 1

まず初めに、最初に少し触れたKCPについてご紹介します。

KCPとは「Kankou Cost Performance」の略で、タクシー、電車、グルメ、リラクゼーションなどの各カテゴリーごとに各国の旅行に必要なコストを示すそうです。

上のインフォグラフィックスを見てみましょう。

まず最も費用がかかる国は日本となっており、その費用は66000円となっています。

日本国内の旅行で66000円となると、ツアーを利用すればなかなか良い旅行ができそうです。

しかしツアーを利用しないとなると宿泊費や交通費で殆どのお金がなくなってしまいそうですね。

そんな日本と比較するとベトナムの1万7000円という値段は驚くほど安く感じます。

これほど安価で満足度も高いなら気軽に行くことができるので、何回も行って楽しむことが出来ますね!

2. 交通費のコストからも分かる! 東南アジア旅行がベストな理由

観光 コスパ インフォグラフィックス 2

次に上の画像では、各国に旅行する際に必要な運賃をまとめています。

こうして交通費だけに注目しても、日本で旅行をすることの敷居の高さを感じますね。

ベトナムでの電車賃は日本の1/7だそうですから、ベトナム旅行の際はどんどん電車を使って色々な観光地に行ってみましょう!

3. 宿泊費も安い!五つ星ホテルに何泊も!

観光 コスパ インフォグラフィックス 3

旅行で重要なポイントといえば、ホテルなどの宿泊地です。

1日の疲れをとる場所が最高に快適な場所であれば、その日の印象もまた良くなるでしょう。

東南アジアと日本の五つ星ホテル宿泊に必要になる費用をまとめた画像が上のものになります。

この分野でも、やはりベトナムは強いですね。日本の5つ星ホテルに一泊する値段で三泊もすることが出来る点は素晴らしい魅力といえるでしょう。

ベトナムとほぼ同列でマレーシアが五つ星ホテルの宿泊費が安く、旅行に行く際にはマレーシアも検討したいところですね!

4. 飲食費の心配なし! 好きなだけ飲み食いのできる東南アジア旅行

観光 コスパ インフォグラフィックス 4

他にもタクシー料金や食事代、ビールにおいてKCPを比較した結果は上の画像のようになったそうです。

今までの結果でもベトナムの安さは際立っていましたが、やはりこの分野でもベトナムは強いようですね。

飲食費でお金を気にすることなく満足の行くまで飲み食いを続けることは、日本の場合食べ放題や飲み放題に行かない限り難しいでしょう。

たくさん食事をして、五つ星ホテルに宿泊できるベトナム旅行。一度行ってみてはいかがでしょうか?

おわりに

myanmar01

いかがでしたでしょうか。

あまりに安いため少し不安になるかもしれませんが、ベトナム旅行は評判がよく、芸能人では「バナナマン」の日村勇紀さんがよく行っているそうです。

旅行費を安く抑えたい方だけでなく、日本国内の旅行に飽きてしまったかたでも日本以外の東南アジア旅行はきっと楽しめると思いますよ!

この記事は以下のサイトを参考に作成されました。
https://www.expedia.co.jp/p/corporate/kcp

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet