次の日もフレッシュ!ケーキをもっと美味しく保存する方法とは

はじめに

ケーキ 保存 おいしく

ケーキは日持ちがしないのでできるだけ早く消費したいですが、無理矢理食べるのもまたもったいない食べ方。
ここでは次の日もおいしく食べられる、ケーキの保存方法を覚えましょう。

箱ごと冷蔵庫に入れるのはNG

ケーキ 保存 おいしく

一般的な保存方法として、箱ごと冷蔵庫に入れている人も多いですよね。
でも箱に入れたまま冷蔵庫に保存すると、冷蔵庫内の湿気や他の食品のニオイを吸収してしまいます。

また密封状態ではないため、スポンジが乾燥してパサパサになってしまいます。
箱ごとしまう場合は、箱をラップやビニール袋に包みましょう。

でも箱がない場合はどうすればいいでしょうか。

ケーキをラップに包むのは困難?

ケーキ 保存 おいしく

デコレーションケーキをラップで包もうとしても、潰れてしまうので難しいですよね。
でもそのまま冷蔵庫に入れても、やっぱり湿気やニオイをつけてしまいます。
そんなときはこちら。

タッパーを利用する

ケーキ 保存 おいしく
プラスチックの保存容器にケーキを出し入するのは至難の業。
でも、逆さまにすれば簡単!
蓋にケーキを置き、容器の部分をかぶせてしっかり密封しましょう。

大きいケーキはボールをポン!

ケーキ 保存 おいしく
デコレーションケーキなどの大きなものは、ボールをかぶせてしまいましょう。
これで水分も飛ばないし、ニオイもつきにくくなります。

ザルだって大丈夫!

ケーキ 保存 おいしく

こちらはザルを置いてラップをきっちりかぶせます。
どこの家庭にもあるし、なかなかいいアイデアです。

何もないときは

ケーキ 保存 おいしく

ケーキの端に爪楊枝を斜めに数本指します。
ラップをフンワリとかけます。空気が入らないように十字にして。

シャワーキャップもあり?

ケーキ 保存 おいしく

シャワーキャップならフンワリと乗せられますね。
しかも口の部分はゴムで、空気も入りにくいのでいいアイデアです。

アルミホイルも

ケーキ 保存 おいしく

アルミホイルをくしゃくしゃにして棒状にします。
ケーキの大きさに合わせて棒をつないでいき、アーチを作ります。
その上からラップをかぶせればデコレーションも潰れません。

ちょっとワンポイント

リンゴを使って

ケーキ 保存 おいしく

ケーキのしっとり感をキープしたい人は、保存するときにリンゴをひとかけら入れるのもオススメ。
リンゴの水分でケーキに保湿効果が出ますよ。

冷凍するなら焼き菓子を

ケーキ 保存 おいしく

冷凍する場合、フレッシュフルーツを使用しているものは避けた方がよいでしょう。
解凍すると、フルーツから水分が出て水っぽくなってしまい、味も落ちてしまいます。

基本的にデコレーションされていないものが冷凍に適しているようです。

  • チーズケーキ
  • ガトーショコラ
  • シフォンケーキ

ドライアイスは要注意!

ケーキ 保存 おいしく

ドライアイスはガスを発生するため、生クリームがガスを吸収し、味も落ちてしまいます。
ドライアイスを入れたまま冷蔵庫に入れるのはNG。
家に着いたらドライアイスを取り出して、冷蔵庫へ保管する方がよいでしょう。

古いのに斬新!切り方で変わるしっとり感

ケーキ 保存 おいしく

丸いケーキは真ん中を中心に切り分けていきますよね。
でも残ってしまうと切った部分がぱさついてしまいます。
それを防ぐ切り方があるんですよ。真ん中から食べていく方法です。

ケーキ 保存 おいしく

まずは真ん中に2本の線を入れるように切り、取り出して好きな大きさに切り分けます。
ここで食べなければ、2等分されたケーキをピッタリくっつけて保存します。

ケーキ 保存 おいしく

次に切るときは×になるように、前と同じように2本の切れ目を入れて、取り出して食べます。
あまったらまたギュッとケーキをくっつけて、切れ目を閉じます。

この方法なら、円形を保ったまま切れ目がぱさつくことなく、美味しくいただけますよ。
実はこの方法があみ出されたのは1906年、100年前以上も前からあったのです。目から鱗ですね。

おわりに

ケーキ 保存 おいしく

ケーキはできるだけ冷やした方がよい、と考えがちですが、理想的な温度帯は1~3度。
あまり冷やしてしまうと、口どけが悪くなります。

せっかく奮発して買ったケーキならなおさら。
あまっても最後まで美味しくいただきましょう。