ふるさと納税って本当におトク?所得や手間を確認しよう!

はじめに

ふるさと納税 手続き
ふるさと納税が人気を集めています。
自分が住んでいない自治体に寄付をすれば、寄付金控除が受けられ、返礼品をもらえるからです。
実質的には数千円程度の負担で高額の返礼品がもらえるケースもあるようですよ。
詳しく見ていきましょう。

所得が低いなら控除が少ない

ふるさと納税 手続き
ふるさと納税では、寄付する金額が大きいほど、もらえる返礼品も豪華になる傾向があります。

ただし、寄付金控除を受けられる金額には、所得ごとに上限が定められています。
所得が少ないなら、ふるさと納税で受けられる控除額は少なくなります。

高所得者の感覚で多額の寄附をすると、支出が大幅に増えてしまうことがあるので注意しましょう。

手続きが必要な場合も

ふるさと納税 手続き
ふるさと納税では、手続きが面倒になる場合もあります。
ふるさと納税をする場合、確定申告をしている人なら寄付金控除を申請する必要があるからです。

ふるさと納税では寄付をすれば返礼品がもらえるというイメージが先行しています。
現実には、寄付金控除を受ける必要があることを知っておきましょう。

もっとも、確定申告の義務がない人であれば、申請せずとも寄付金控除が受けられるケースが多くあります。

人気の返礼品はすぐに締め切られる

ふるさと納税 手続き
ふるさと納税では、人気の返礼品があります。
高価な牛肉をはじめとする地元特産品や、多くの人が利用しやすいパソコンなどが人気のようです。

こうした人気の返礼品を手に入れるためには、寄付の受付が始まるとすぐに申し込む必要があります。
航空機やホテルなどの格安チケットをとるのと似た感覚です。

受けつけ開始時期を頻繁にチェックする手間をかけて初めて、人気の返礼品がもらえる確率が高まります。

おわりに

ふるさと納税 手続き
ふるさと納税には、地方の魅力を発信できるなど、一定の意義があります。
しかし、すべての人がふるさと納税をすべきだとは限りません。
自分の所得やかかる手間を考えながら、ふるさと納税をするかどうか賢く判断しましょうね。