安売りのまとめ買いもOK!正しいフリージング方法で魚や肉をムダなく食べよう

この記事の所要時間: 239

はじめに

冷凍 フリージング まとめ買い

安いときにまとめ買いした魚や肉を冷凍保存し、解凍して料理に使うのはとても便利ですし食費の節約にもいいですね。
けれども、小分けして包んで冷凍したのにおいしく食べられなかった、色や匂いが変わってしまい捨ててしまったなどということも。

今回は購入した魚や肉の風味を落とさず、見かけが変わらない状態で冷凍するコツをご紹介します。

パックのまま保存はNG

冷凍 フリージング まとめ買い
買ってきたパックをそのまま冷凍すると、冷凍庫内でかさばってしまいますよね。
空気にも触れやすいので、味や風味の落ちる冷凍やけを起こしやすくなります。
冷凍庫内は乾燥していることを忘れないでください。
ひと手間かけるだけでおいしく食べられる期間が長くなりますよ。

魚を冷凍する方法

冷凍 フリージング まとめ買い

切り身や干物を冷凍する場合

切り身は表面の水分をキッチンペーパーで取り除きます。
食品ラップで3重に包むのがポイント。
魚に直接触れる1回目は空気が入らないようしっかりと巻き、2回目と3回目はふんわりと巻きます。
変化をつけて巻くことで空気の層ができるため、開閉による冷凍庫内の温度変化があっても影響を受けにくくなるのです。
一切れずつラップでくるんだら、保存袋に入れ口をしっかり閉じて冷凍しましょう。

調味料で下味を付けた状態で冷凍すると冷凍やけを起こしにくくなることも覚えておくといいですね。

一匹をそのまま冷凍する場合

魚をまるまる冷凍したい場合は傷まないよう内臓・頭・エラを取り除きます。
切り身と同様に表面の水分をふき取ってから同様の方法で冷凍します。

肉を冷凍する方法

冷凍 フリージング まとめ買い

かたまりや薄切り肉の場合

1リットルの水に1gの砂糖を溶かして作った砂糖水に軽く肉を漬けます。
取り出したらすぐに魚と同じ要領で包んでから保存用袋に入れて冷凍。
砂糖水の代わりに、表面に薄く油を塗るだけでも乾燥を防ぐ効果があります。

薄切り肉の場合は砂糖水に漬けてからラップで包む時点で小分けに。
なるべく重ならないよう一枚ずつ並べるのがポイントです。

ミンチを冷凍する場合

ラップの上に平たく置いてから他の肉と同じように3重巻きにします。
少しずつ取り出して使えるよう、上から線をつけて区切ってから保存袋に入れて冷凍すると便利です。

おわりに

冷凍 フリージング まとめ買い
肉や魚の冷凍方法はマスターできましたか?
消費税の増税を考えると、計画的に買い物をして冷凍保存する方法は、今後ますます役に立ちそうです。

家庭の冷凍庫は小さいので一定の温度を保つのが難しく、冷凍しても劣化しやすい状態にあります。
できることなら冷凍した日から2週間以内で食べきるようにしたいものです。買いすぎには気を付けてくださいね。

 

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet