【永久保存版】ローンの借り方を教えます!人生の大きな買い物をするために必要な知識

この記事の所要時間: 42

はじめに

a0002_009267
車、教育、住宅、ブライダル、これらに共通するものとは?
それは「ローン」です。
日本語では「融資」と訳されます。

お金が必要な人に、銀行などがそれを貸すことを指します。

車を買う時、手元に100万円以上のお金がなくても車が購入できすぐに車にのることが出来ます。

車や住宅など、お金を使う目的がしっかりと決まっている融資については比較的低い金利でお金を借りることが出来ます。
反対に目的が決まっていない融資(フリーローン)は高い金利がかかります。

※金利とは
お金を借りるときの手数料のようなもの。
例えば100万円借りて金利(年率)が1%ならば、お金を1年後返す時101万円払わなければなりません。

では、ローンをどうやって組むのか、金利を押さえる方法を勉強していきましょう!

ローンを組む流れ

a0212807_20222285
銀行のホームページを検索
ローンのページに行く
インターネット仮審査
仮審査結果報告、必要書類をそろえる
金利・借入期間を決める
窓口に行き必要書類を渡す
本審査
本審査結果報告、資金の振込・支払
このようなステップを踏みます。

金利が安い銀行をご紹介

今回は筆者も組んでいる「マイカーローン」を例にご紹介いたします。

スクリーンショット 2014-03-13 14.21.07
「マイカーローン 金利」などで検索いただけると、各銀行が提供しているマイカーローンの金利がランキングされています。

該当する銀行の口座の有無は関係ありませんが、窓口に行かなければならない銀行もあるので注意して選んで下さい。

各種ローンの金利はこんな感じです。
・マイカーローン 2.3%
・教育ローン 2.575%
・住宅ローン 0.900%
・ブライダルローン 5.475%
・フリーローン(使用目的指定なし) 6.975%
※常陽銀行を参考

ネット上で仮審査が受けられます

images
ネット上で、年収などの数点の質問に応えるだけで融資が受けられるかを教えてくれます。
その後電話やメールで仮審査の結果が教えてもらえます。

最初から直接銀行に行くより、借りられる可能性があるかだけは知っておいたほうが良さそうです。

借入期間に応じて決まる、月月の返済額

car008
例えば、100万円借りて金利が1%。
借入期間が60ヶ月(=5年)の場合、
月月の返済額は17,094円でトータルの返済額は1,025,625円となり、
25,625円が利息(お金を借りるの手数料)ということになります。

もし、借入期間が120ヶ月(=10年)になると
月月返済額は8,760円に減りますが、
トータル返済額は1,051,249円に増えます。
※元利均等返済方式(毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から決められた期間の終了まで均等となる利息の算出方式)
スクリーンショット 2014-03-13 21.46.46

ここで返済額のシュミレーションができます。

元利均等返済方式の説明はこちら

本審査、必要な書類
本人確認書類(運転免許証等)
年収の確認できる書類(源泉徴収票等)
購入の証明ができる書類
2は会社でもらう源泉徴収票や市役所などで所得証明書・納税証明書を取得して提出します。
3は自動車の購入見積書など、借りたローンをどこに使うかが分かる正式な書類が必要となります。

審査結果は1週間前後で電話などで教えてもらえます。

融資直後に送金

例えばマイカーローンを借りた場合、100万円の融資後一度口座に送金されますがすぐに相手方(車のディーラーなど)の口座に送金されます。
そのため、目的外のためにお金は使えないんですね。

おわりに

a1380_000576
車・教育・住宅・結婚資金、人生の中で必要なまとまったおカネを貯金できていれば良いのですが、
数百万円〜のお金を貯金できる方も少ないのではないでしょうか?

それより、必要なものを購入し月月に支払って使っていく融資という方法を検討してみてはどうでしょうか?

月月の返済をするためにも、お金の支出管理は大切!
毎日の無駄遣いをなくして、月月数万円を捻出すればローンを組んで憧れのマイカーをGetできるかもしれません。
そのための家計簿、でもつけるのが大変というあなたにレシートを取るだけで正確な家計簿が完成する家計簿アプリ「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」
春の新生活から始めてみませんか?

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後も光熱費の節約の様な節約情報やお得情報、お金に関する雑学を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet