賢い人だけが使ってる!電車に少しでも安く乗る裏ワザ教えます

この記事の所要時間: 214

はじめに

鉄道 切符 お得
通勤・通学や旅行に使う電車代、なんとか安くしたいと思いませんか?
残念ながら不正乗車をする人もいるようですが、絶対にしてはいけないことです。
ここでは、正当な方法で「賢く安く」鉄道を利用する方法を考えてみましょう。

複数の切符に分ける

鉄道 切符 お得
切符を複数に分ける「分割乗車」などと呼ばれる方法をご存知ですか?

鉄道の運賃は、基本的に距離に応じて設定されており、同じ運賃になる範囲は、距離が長くなるほど広がる傾向にあります。
本州JR3社の幹線では、営業キロが1~3キロの区間の運賃が140円、90~100キロで1,660円、101~120キロで1,940円などとなっています。

101キロの区間を乗車する場合を考えてみましょう。
1枚の切符だと、1,940円かかります。
いっぽう、140円切符と1,660円切符を組み合わせることができれば、1,800円で済みます。

切符のルールは鉄道会社によって異なりますが、こうした切符の組み合わせが認められているところもあります。
長距離を移動する際にはお得に乗れないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

乗り継ぎ経路を工夫する

鉄道 切符 お得
お得に鉄道を利用するには、乗継経路を工夫する方法もあります。
時刻表アプリなどでは表示されない乗継によって、大きく運賃が抑えられるケースがあるからです。

この方法では、地図とにらめっこしてください。
駅名が異なっていても、徒歩で移動できそうな距離にある駅同士は、乗り継げる可能性がありますよ。

昼特切符や回数券を併用

鉄道 切符 お得
最初に紹介した分割乗車との組み合わせで、昼特切符や回数券を利用すると、さらにお得になります。
券売機で買える「○○円区間」と表示された切符だと分割乗車できないケースでも、「○○駅⇔△△駅」と書かれた回数券は分割乗車に使えることがあります。
きっぷではダメでもあきらめずに試してみる価値アリかもしれませんね。

おわりに

鉄道 切符 お得
鉄道運賃は、複雑になりすぎないように設定されています。
工夫次第ではルールの範囲内で交通費を安くすることができるかもしれませんよ。
ちょっと高いなぁ…と思っている人は、アイデアを出してみてはいかがですか?

 

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet