通帳管理って面倒…|通帳は作った方がいい?通帳なしのメリットは?

この記事の所要時間: 154

はじめに

通帳 作らない メリット
銀行の中には、ネットバンクのように通帳を発行していないところがあります。
コスト削減策の一環ですね。
不便に思えるかもしれませんが、ネットバンクの利用者は増えています。
そう考えると、通帳が本当に必要なのか、疑問に思いませんか?
通帳あり・なしそれぞれのメリットついて、みていきましょう。

通帳があると家計管理に役立つ

通帳 作らない メリット
通帳には口座からのお金の出入りが記録されるので、自動的に家計を管理できます。
月に一度通帳をATMに差し込むだけで、1か月の入出金が記帳されるのは便利ですよね。

余ったお金を貯金したい場合には、お金を引き出さなければ済むというラクさもありますよ。

通帳なしだと特典がある銀行も

通帳 作らない メリット
通帳を発行しない場合は、嬉しい特典を受けられる銀行もあります。
店舗を多く持つ銀行でも、コスト削減のためにできるだけ通帳を発行したくない傾向があるからです。

たとえば、都市銀行最大手の三菱東京UFJ銀行では、ホームページからの事前受付でEco通帳を申し込むと、もれなく500円がプレゼントされるキャンペーンの実施実績があります(平成27年9月~平成28年5月)。
確実にお金がもらえるのは嬉しいですね。
Eco通帳では、過去2年分の入出金明細をオンラインで確認できます。

メインバンク以外は通帳なしでも問題なし?

通帳 作らない メリット
通帳を家計管理に役立てるなら、入出金をできるだけ1つの銀行にまとめたほうが便利です。

複数の口座を持っている場合は、メインバンクを除き通帳なしにするという方法も。
どうしても通帳に金額を印字したい、というこだわりがなければですが、通帳を管理する手間いらずになりますよ。

おわりに

通帳 作らない メリット
通帳管理が面倒な方は、通帳を1つだけにしておくと良いかもしれませんね。
通帳なしだと特典を受けられる銀行もあるので、口座開設時には特典をチェックしてみてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet