もずくがあれば大丈夫!家族みんなで血液サラサラ・ダイエットにも

この記事の所要時間: 359

はじめに

もずく レシピ

もずくは海藻だから健康食品やダイエットにも効果があるので人気、そして何よりもカップに入ったもずく酢などは、お手頃価格なので主婦にはありがたいですよね。

ここでは健康によいもずくの効能と、たっぷり食べられる家族のためのレシピ、ご紹介します。

もずくの三大健康効果

1.コレステロールや中性脂肪を下げて血液サラサラ

もずく レシピ

もずくのヌメリ成分は、フコイダンと呼ばれる食物繊維の一種です。
このフコダインが腸の中でコレステロールや中性脂肪の吸収を抑え、排出を促してくれるのです。
結果、血液がサラサラになる効果が。

2.血糖値の上昇を抑制する

もずく レシピ

フコダインは急激に血糖値が上がるのを防いでくれます。
食べたものをゆっくりと消化吸収する働きがあるからです。
弱った胃の粘膜を修復する働きもあるんですよ。

3.ガンにも強い

もずく レシピ
フコダインや黒酢、りんご酢などは、細菌に感染した細胞を死滅させるリンパ球や細胞の活性を促してくれます。
免疫力を高めてくれるので、アレルギーを抑える働きも持っています。

冷たくても熱くてもイケる!簡単もずくレシピ

もずく レシピ

こんな素晴らしい効果のある食材を食べない手はありません。
でもカップのもずく酢ばかりでは飽きてしまう、という方、家族が多いのでボリュームを出したいという方、参考にしてみてくださいね。

手巻きごはんでネバネバもずく納豆巻き

もずく レシピ
http://cookpad.com/recipe/3667998

納豆にもずく酢を入れて混ぜ、好みで醤油を足します。
手巻海苔に炊いたご飯、もずく納豆をのせて巻けば完成。
このレシピではお米に雑穀米を組み合わせていますが、ご飯だけでも美味しいです。

酢飯を作る必要もないので簡単。納豆にもずくを絡ませるとフワフワ感がアップして、美味しくなります。
さらにオクラや小ねぎなどを加えると、味がグッと引き立ちますよ。

ヘルシー!豆腐のもずくとキュウリがけ

もずく レシピ
http://cookpad.com/recipe/3657198

豆腐とキュウリを好みの大きさに切って、カップのもずく酢をかけるだけの簡単レシピ。
もずくに味がついているので、調味料を加える必要もなく手軽にできますね。

ダイエット中の方にも高タンパク低カロリーだからオススメ。
お酒の肴としてもいけますよ。好みでゴマをかけましょう。

もずくトマト胡瓜のイタリアンもずく酢

もずく レシピ
http://cookpad.com/recipe/3523257

サッと洗って水気を切ったもずくに、角切りにしたトマトと胡瓜を和えます。レモン汁、オリーブオイル、醤油、砂糖で味付けすればサッパリイタリアン感覚の美味しいサラダに変身!

和の食材で洋風のおかず。
食器を選べばちょっとオシャレになって、人をお招きしたときにも活躍できますよ。

豆腐入りふわふわもモズクてんぷら

もずく レシピ
http://cookpad.com/recipe/3645347

天ぷらの衣を作り、もずくを入れます。
しっかり水気を切った豆腐に絡めて揚げ、雪塩をふりかけていただきます。
熱々でももちろん、冷めてもフワフワ感が残っているので作り置きしてもOK。
冷蔵庫で3日間は保存できますよ。

もずくは水切りしたものを使用しています。
もずくの状態を見て水分の調整をしましょう。

炊飯器で簡単!もずくちらし

もずく レシピ
http://cookpad.com/recipe/2078417

研いだお米に味付けもずくを汁ごと入れ、通常の水加減にします。
人参など好みの野菜を入れて炊飯器をスイッチ・オン!
炊きあがったらコーンや大葉、甘酢生姜漬けなどを混ぜてできあがりです。

調味料を加えずに塩分も控えめなので、ちょっと健康が気になる方にも最適ですね。
もずくと生姜がアクセントになって、サッパリとした優しい味わいです。

おわりに

もずく レシピ

もずくは食事の最初に食べると脂肪吸収や血糖値の上昇を抑えてくれます。

もちろん食事中でも大丈夫。
スープや味噌汁、天ぷらなど熱々の状態で食べるとフコダインが体内に溶け出して使われやすくなるので、どんな食べ方でも効果はバッチリなんです!

お手頃で健康にいいもずく、毎日の食卓に取り入れてくださいね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet