もう特売に惑わされない!日用品をムダなく買おう

はじめに

日用品 ムダ 買物

日用品を買いに出かけると特売や本日限りなどの文字につられて買いすぎてしまっていませんか?

必要なものをメモして買いに行ったにもかかわらず、なぜか違うものまで買ってしまう。
この状況から抜け出さない限り、お金はなかなか貯まりません。

どのようにしたら日用品の買いすぎを防げるか、気をつける点ををまとめてみました。

「とりあえず買っておく」はNG

日用品 ムダ 買物
食品のように消費期限がない日用品は安売りをしているとついつい買ってしまいがち。
お金を貯めたいときにはいくら安くても、一応買っておこうと思わないようにしましょう。
予定外の買い物をしてしまえば、財布の中のお金はどんどん減ってしまいます。

新発売の洗剤などが詰め替え入りでセット販売されていることがあります。
価格的にお得なものもありますが、初めて使う製品の場合、気に入るかどうかわかりません。
好みの香りでなかった場合、使い切るまで我慢することに。
自分にとって得かどうかよく考えて購入してくださいね。

どうせ使うからと安いときに買い溜めしない

日用品 ムダ 買物
ストックする場所は確保してありますか?
収納する場所を考えなければならないときは購入を控えましょう。
余分に買えば家が片付かなくなることもあります。
洗剤などは保管場所によっては変質してしまうことも。
きちんと保管できる場所がなければ、安いときに購入してもムダになってしまうのです。
安売りの日をチェックして、きちんとストックできる分を補充するようにするようにしましょう。

「今買わないと損」と考えない

日用品 ムダ 買物

「本日限り」「本日の目玉」など 期日が限定されていると、そのときしか安い価格で買えないと思いがちです。
定期的にチラシを見ていると1カ月に数回、安売りの日があることに気がつくことも。

必要なものが店舗にない時は何も買わない

日用品 ムダ 買物
お目当ての目玉商品が売り切れていた場合、その時点で買わなければ困るものでなければ、他の製品を探す必要はありません。
たまたま目に入った商品の衝動買いもやめておきましょう。

買うかどうか悩んだ時点でやめておく

日用品 ムダ 買物
必要なものならば買うときに迷うことはありません。
そのときに買わなくても困らないから迷うのです。
悩むものは買わなくてもいいものであることが多いのでは?
お得だからとすぐに飛びつかず、よく考えて購入しましょう。

おわりに

日用品 ムダ 買物

自宅にある日用品の在庫とチラシをきちんとチェックしてから買い物へ行く、その日に使える金額だけを財布に入れておくなど、必要なものだけを買うために自分なりの工夫をすることも大切です。

計画的に買い物を始めると、浮いた分のお金が少しずつ貯まってきます。
家計簿を見て比較すれば、プラスになっていることがはっきりとわかるはず。
「塵も積もれば山となる」の精神でがんばってみてくださいね。