日ごろの動作で脱ポッチャリ!頑張らなくていいダイエット法5選

この記事の所要時間: 34

はじめに

ダイエット 頑張らない
健康や美容のために痩せようと思うとダイエットグッズやサプリメントなどに目がいきがち。
いろいろあるダイエット商品から選ぶのも一苦労です。
これと思って買ってみたものの長続きしない場合も。

体を引き締めることはお金を使わなくてもできます。
まずは日常生活で簡単にできることから始めてみましょう。

朝の歯磨きタイムはつま先立ちで

ダイエット 頑張らない
歯磨きの間、手は忙しく動いていますが足はただ立っているだけ。
それならば歯磨きしながらふくらはぎの筋肉も鍛えてしまいましょう。

つま先で立ってかかとを上下に動かす運動を繰り返します。
足が引き締まるだけでなく、むくみや冷え性の予防や改善にも。

長時間の歩行や立ち仕事をしても疲れにくくなるといったメリットもあります。

歩くときは歩幅を広く

ダイエット 頑張らない
少し歩幅を広くして歩くだけで運動の効果がアップします。
歩幅を広くとると腕の動きも大きくなり、上半身をいつもより動かすため消費カロリーが増えるのです。

エスカレーターやエレベーターのある場所でもなるべく階段も使うようにするとさらに効果的。

ウォーキング時の歩幅は身長×0.45が理想とされています。
算出した歩幅で実際に歩くと、意外と歩幅が広いことに驚くはず。
筋肉の状態は人によって違うので、広めの歩幅は無理のない範囲で試してみましょう。

歩くときは前のめりにならないよう正しい姿勢を保つことを心掛けてくださいね。

電車やバスの車内で立つ

ダイエット 頑張らない
電車に乗ったとたん、空いている席を探していませんか?
長時間の乗車でなければ、混んでいる車内ではなるべくトレーニングと思って立つようにしてみましょう。

立っているだけで座って移動しているときの約2倍もカロリーを消費できます。
少しお尻を意識して引き締めるように立つと効果的です。

疲労感の強い時、体調の悪いときは危険なので無理に立たないようにしてくださいね。

家手を抜かずに家事を

ダイエット 頑張らない
家事をきっちりこなすのはとても疲れますね。
体重52㎏の女性が10分間、作業をしたときの消費カロリーを見てみましょう。

室内清掃(掃除機を使用) 23㎉
アイロンがけ 12㎉
皿洗い 12㎉
浴室の清掃 25㎉
ベッドメイク 9㎉

10分だけでも意外とカロリーを消費しています。
一日に行う家事はいろいろあるので、手抜きをせずにこなすとそれだけ消費するカロリーは多くなります。

家事を金額で表すとどのくらいになるか気になる方は
主婦の年収はいくらになる?家事労働をお金にしたらこんな結果に」をご覧ください。

寝る前に手足を動かしむくみ対策

ダイエット 頑張らない
ベッドや布団の上で仰向けに寝たら、眠ってしまう前にちょっとだけ運動をしましょう。
両手足をあげて細かく動かすだけ。
20秒~30秒ほどのちょっとの時間ブラブラさせるだけでむくみの解消に効果があります。

おわりに

ダイエット 頑張らない
心掛け次第で続けられるダイエット方法はいかがでしたか?

カロリーを消費したからといって油断し、食事のカロリーを増やしてしまえば効果は期待できません。
薄着の季節が来る前に、バランスの良い食事も一緒に習慣化していきましょう。

 

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet