薬代は節約できる!安くて効果のある薬・ジェネリック薬品|糖尿病の薬代を年間で半分抑えられる

この記事の所要時間: 238

はじめに

名称未設定
病院で処方される薬代を節約できることをご存知ですか?
常日頃から健康に気遣うことはとても大事なことです。身体の調子が悪くなった時、すぐに病院に行くことも健康を維持する一つの方法です。
自己診断での市販の薬よりも病院の先生に処方された薬の方が確実ですよね。そんなときに家計に優しいのが「ジェネリック薬品」です

ジェネリック薬品とは

あ
医療費の3割ほどが薬代と言われています。
したがって、この薬代を節約できたら、医療費そのものをずいぶんと節約できることになります。
そこで、低価格のジェネリック薬品を使うと薬代を節約することができます。

ジェネリック薬品の安さの秘密

Ph_1
ジェネリック薬品の価格がなぜ安いのでしょうか?
それは、特許が切れて、開発費が抑えられている後発医薬品だからです。
後発医薬品と言うと、いくら安くても古い薬だと効き目が心配になるでしょうが、薬の成分は新薬とほぼ同じなため、効果も十分にあります。

さらに、ジェネリック薬品は、におい・味といった飲みやすさの点で改善されており、保存性も良くなっています。

ジェネリック薬品は薬代を節約できるだけでなく、なにかとお得な薬なのです。

ジェネリック薬品って、どうやって入手できるの?

61bed46c
こんなにお得なジェネリック、どこで手に入るのか。
あまりにお得すぎて入手困難な感じがするかもしれませんが、そう難しいことでありません。

まずは、医師・薬剤師に気軽に相談してみましょう。
厚生労働省が勧めていることもあって、病院・調剤薬局内にジェネリック薬品のポスター貼っているところも珍しくありません。

新薬からジェネリック薬品に変えることも、ジェネリック薬品から新薬に変えることも、医師の判断だけではなく、患者の意思でも行なうことができます。
効果・薬代節約ともに、自身で満足できる薬選びが可能なのです。

※ただし、医師が新薬の方が良いと診断したり、新薬に代わるジェネリック薬品がない場合もあります。

長期の薬ほど節約になる

r
慢性的な病気、生活習慣病・アレルギーの薬は長期的な服用が必要になります。
長い期間の分だけ薬代もかかるので、低価格のジェネリック薬品を使うことで薬代をかなり節約することができます。

例えば、糖尿病の薬代だけで比較すると、代表的な薬を1日3回・1年間服用した場合、新薬だと13,140~16,750円ですが、ジェネリック薬品だと5,470~7,660円ですみます。
なんと半分以上の薬代節約ができるのです!

おわりに

あr
病気や健康に関わることで節約するのに不安を感じる人もいるでしょうが、ジェネリック薬品の安さの理由は納得できるものだと思います。

ジェネリック薬品を使うことは、一人一人の薬代が節約できるだけでなく、高齢化社会における医療費健康保険料増加の抑制にも貢献できます。

適切な薬を服用しながら、上手に医療費を節約していきましょう。

参考URL:http://www.amakin-kenpo.or.jp/generic/index.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet