低金利だからこそ!便利でお得な地元密着信用金庫を利用しよう

はじめに

信用金庫
銀行預金の金利が低くなってくると、お金を預ける意味合いが薄れてきます。
とはいえ、タンス預金をしていてもお金が増えるはずもありません。
少しでも金利が高めの金融機関として、信用金庫を利用してはどうでしょうか。

信用金庫の金利は高め!

信用金庫
信用金庫は、地元密着型のビジネスモデルとなっています。
地元エリアに効率よく投資することができる反面、地元地域でしっかりと顧客を獲得しないと収益が挙げられません。
そのため、地元顧客の預金をできるだけ確保すべく、都市銀行や地方銀行と比べて2倍以上の預金金利を設定しているケースがあります。

例えば、大手都市銀行で年率0.05%の定期預金に預けるくらいなら、信用金庫で年率0.10%程度の定期預金がないかをチェックしてみましょう。

地元にATMが豊富なことも!

信用金庫
金利が高くても、利便性が低ければありがたい金融機関とはいえません。
信用金庫は地元密着型なので、地元で利用することを考えれば他の銀行よりもATMが豊富にある場合があります。
小さめのビルの一角などに「○○信金」などといったコーナーがないかをチェックしてみましょう。

また、コンビニエンスストアで信金のカードが使えるケースもあるので、あわせて確認してみてはいかがですか?

嬉しいキャンペーンも活用しよう!

信用金庫
預金集めのために実施するお得なキャンペーン。
大手銀行やネット銀行だけでなく、信金でも同じようなキャンペーンを実施することがあります。

キャンペーン期間中だと普段以上にお得な金利がついたり、粗品がもらえたりと嬉しいサービスがいっぱい。
キャンペーン情報には要注目です!

おわりに

信用金庫
金利がお得な金融機関といえば、ネット銀行のイメージが強いかもしれません。
しかし、地元に密着している信用金庫が、予想以上に良い預金商品を出していることがあります。
早速チェックしてみましょう!