電車はICカードで乗ろう!ICカードを絶対に使いたいその理由とは?

はじめに

ICカード 交通費
交通費はいくら使ったのかが後でわかりにくくなる項目の1つ。
すぐに家計簿をつけておけばよいのでしょうが、つい忘れてしまうことも。
つけ忘れを防ぐために活用できるのが交通系ICカードです。
交通系ICカードを積極的に利用して、手間をかけずに交通費を管理・節約する方法を見てみましょう。

交通系ICカードとは?

ICカード 交通費

交通系ICカードとは、電車やバスで利用できる「Suica」「PASMO」「ICOCA」などの総称です。
事前に交通系ICカードにお金を入金(チャージ)しておくことで、鉄道の改札やバスの支払機で交通系ICカードをかざすだけで利用できるすぐれもの。
みなさんも1枚は持っているのでは。

クレジットカードと一体型のものや、残高が少なくなると自動的に入金されるオートチャージ機能付きのものなど、さまざまな種類があります。

交通系ICカード、何が便利?

交通系ICカードにどんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

乗車日や利用区間を月ごとに表示できる

ICカード 交通費
ICカードを使って交通機関に乗れば、利用履歴を手軽に把握できます。
利用履歴をチェックする方法は、駅の窓口などで履歴が印字された紙を発行してもらうほか、ネットで確認できることもあります。
自宅にいながらにして交通費をスムーズに確認できるので、とても便利ですね。

ポイントや割引サービスがある

ICカード 交通費
ポイントや割引サービスも交通系ICカードのメリット。
乗車実績に応じてポイントがついたり、チャージする際に金額が増加したり、一定回数以上同じ区間に乗ると割引が受けられたりといったケースもあります。

交通系ICカード自体にポイント制度がなくても大丈夫。
交通系ICカードの利用額をクレジットカード引き落しにすれば、クレジットカードのポイントが貯まります。

おわりに

ICカード 交通費
いかがでしたか?
利用できるエリアなら、交通系ICカードを使ったほうが便利でお得。
まずは自分の利用状況や目的に合った機能付きの交通系ICカードを探してみましょう。
効率よくポイントをゲットしたり割引を受けたりして、節約に役立てていきたいですね。