本当に会社のせい?給料が上がらない人に共通する3つの特徴

この記事の所要時間: 24

はじめに

給料 上がらない

サラリーマンにとって給料アップは最大の関心ごとのひとつ。
自分で頑張ったつもりでも給料に反映されなかったり、ライバル視している同僚の方が評価されていたりすると「いくら頑張っても給料なんて上がらない」と仕事のモチベーションが下がることってありますよね。

なぜあなたの給料は上がらないのでしょうか?その原因はほかならぬ自分にあります。

給料 上がらない

業態業種・年齢性別問わず給料が上がらない人には共通点があるそうです。
彼らの特徴を探っていきましょう。

【ココがダメ!その1】給料分しか仕事しない

給料 上がらない

「20万円しかもらってないから頑張れない。せめて30万円もらえたら頑張るのに」など心の中でつぶやいたり、定時後の飲み会で同僚に愚痴を言ったりしていませんか?

例えば20万円分の給料で1年間30万円分の働きをした人が来年の査定で25万円の給料へと上がるのが、企業の給与査定の仕組み。
今もらっている給料分しか頑張らないという人は、まずは「給料以上の働きをする」と考えを改める必要がありますね。

【ココがダメ!その2】頑張ってますアピール

給料 上がらない

「もう、こんなに頑張っているのに全然仕事が終わらない!」など隣のデスクの同僚にため息交じりの愚痴をこぼしていませんか?

仕事で頑張るのはごく当たり前のこと。
成果を出してはじめてあなたの頑張りは認められるのです。
頑張ってるアピールをするよりも手を動かすことが必要ですね。

【ココがダメ!その3】意識高い系

給料 上がらない

ここは自分の居場所じゃないと言わんばかりに「この会社は腰掛けでいるだけ。ステップアップのため来年には転職する」などと公言したことってありませんか?
比較的20~30代の若手社員に多くみられる傾向だと思います。

辞める予定のある人間に重要な仕事を任せる上司はどこの会社にもいません。
転職も結構ですが、まずは重要な仕事をお願いされるよう、今いる会社で実績を作ることが必要ですね。

終わりに

給料 上がらない

いかがでしたか?
給料が上がらないと思っていた人は自分に思い当たることはなかったでしょうか?
もちろん、給料が上がらない原因は会社の業績不振など周囲の環境に影響される面もあるため、一概に個人の責任とは言い切れない部分もあります。

周りのせいにしてばかりで努力が足りなかったと思う人は、明日から気持ちを入れ替えて頑張ってみませんか?

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet