常温・冷蔵あなたはどっち?正しい保存で食材を無駄なく使い切ろう!

はじめに

冷蔵庫 食材 無駄

キッチンを見回してみると食材や調味料など、いろいろありますよね。
普段当たり前のように冷蔵庫に入れたり、棚に置いたりしているけど、他の人はどうしているでしょうか。

改めて考えてみると、常温なのか冷蔵なのか分からない食材たち、結構ありませんか?
では一緒に確かめていきましょう。

あなたは何を入れている?

冷蔵庫 食材 無駄

あなたは冷蔵庫に常備しているもの、ありますか?
他の人達はどうしているか気になりますよね。

冷蔵庫の常備品ランキング

冷蔵庫 食材 無駄
SUUMOジャーナル

独身で一人暮らしの男女20~39歳200名を対象に、「冷蔵庫の中身で絶対に切らさない食品は何ですか?」という質問をしたところ、なんと調味料を抑えて「お米」が堂々の1位。
特に女性は半数という多さですね。

男女別だと、男性の1位は「特にない」を除けば「マヨネーズ」。
女性でも33%ですから多いですね。
ご飯のお供にもなるし料理にも使える調味料としてやはり人気は衰えません。
3位の「ケチャップ」も同様。

冷蔵・常温どっちがいい?

冷蔵庫 食材 無駄

でも実際、冷蔵しておくべきか、常温で保存した方がよいか区別できないものもありますよね。
実はお米もその一つ。
同調査でも、お米は常温で保存する人が79.5%、冷蔵庫は20.5%。パンの場合は75.5%が常温、24.5%が冷蔵。

お米やパン

冷蔵庫 食材 無駄

お米やパンの場合は常温保存が一般的
でも梅雨や夏の時期はカビの発生が気になりますよね。
すぐに食べる場合はともかく、カビを防ぐには冷蔵保存がオススメです。

醤油

冷蔵庫 食材 無駄

基本的に醤油は保存料を使用していません。
醤油は開封後1ヶ月くらいの消費であれば常温でも大丈夫ですが、空気に触れると酸化するので、フタはきっちりと閉めます。
消費に長くかかる場合は冷蔵保存をすすめているメーカーも多いようです。

冷蔵庫 食材 無駄

常温でも大丈夫。ただし光が大敵なので、必ず冷暗所に
オイルの種類によりますが、キャノーラ油やサラダ油は1年以内がベスト。

味噌

冷蔵庫 食材 無駄

味噌は空気に触れると酸化するので冷蔵庫がベスト
表面を平らにしてラップをかけてからフタをすると良いようですよ。

固形スープ

冷蔵庫 食材 無駄

常温でも大丈夫ですが、夏などの湿度が高い時期はベトベトしてしまうので冷蔵庫へ。

バター

冷蔵庫 食材 無駄

実はどちらでも大丈夫のようです。
冷蔵庫保存は開封後数週間でニオイを発生するので、夏場は冷蔵、冬場は常温と使い分けるといいかも。

チョコレート

冷蔵庫 食材 無駄

ラップに包んで涼しいところでの保管で大丈夫。
ミルクやホワイトチョコレートでも半年、ビターチョコレートは1年持つようですよ。

ぽん酢、めんつゆ

冷蔵庫 食材 無駄

開封後は冷蔵庫がベストです。
酢や醤油の保存は常温でも大丈夫なのですが、混ぜ物をしているときは腐敗する可能性があります。
特に夏場は注意が必要。

にんにく

冷蔵庫 食材 無駄

こちらはどちらでも大丈夫
常温の場合は日光の当たらない風通しが良い場所。
ネットに入れて保存するといいですね。
冷蔵保存の場合は、新聞紙に包んでチルド室へ。

大根

冷蔵庫 食材 無駄

大根は切った状態でなければ、常温がベスト
切るとそこから乾燥していきます。
常温保存の場合は、涼しい場所で立てた状態で箱に置いたり吊したりすると長持ちします。

たまご

冷蔵庫 食材 無駄

イギリスの食品検査研究所で、常温・冷蔵で保存したたまごの食中毒菌について調べたところ、2週間たってもたまごには違いは見られなかったとのこと。
どちらでも大丈夫のようですね。

ただ冷温が一定に保たれる場所が好まれるようです。
日本の農林水産省では、冷蔵保存をすすめています。

おわりに

冷蔵庫 食材 無駄

いかがでしたか?
買ったものでもいただきものでも無駄にしてしまうのはもったいない。
調味料などはパッケージに保存方法が表示されているので、ちょっと確認して、正しく使い切りましょう!