濡れたまま放置はダメ!正しいケアで長持ちする革靴

この記事の所要時間: 150

はじめに

革靴 ケア

はきやすい靴と出会うのは意外に難しいと感じませんか?
はくたびに段々と足に馴染んでくる革靴。
はき心地抜群のものはできるだけ長くはきたいですね。

ここ数年、天候が不安定になることも多く、大事な革靴もダメージを受けがち。
少しでも長くはくために、不意な雨や雪で不覚にも革靴が濡れてしまった時のケア方法をきちんと覚えておきましょう。

濡れた革靴を脱いで最初にすべきこととは

革靴 ケア
靴の裏側をみてください。
ソールに小石などがついていた時は取り除いてきれいにしましょう。

靴の革が吸っている水分を取り除く

革靴 ケア
傷がつかないよう丁寧に外側を柔らかい布でふき取ります。
靴の内側に新聞紙を詰めて水分を吸い取ります。

新聞紙がない場合はフリーペーパーやキッチンペーパーでも代用できます。
紙が濡れたら交換を繰り返し、しっかり水分を吸収させましょう。
ここで手を抜くとカビやシミの原因になるので注意してくださいね。

必ず陰干しに

革靴 ケア

水気がとれた後は、臭いが発生しないよう風通しの良い状態で陰干しします。
革はデリケートなので、急いで乾かそうとするのは禁物です。
直射日光やドライヤーの熱などを利用すると、ひび割れなどのダメージを与えることも。

完璧に仕上げましょう

革靴 ケア
ある程度乾燥したら、革靴用の乳化性クリームやオイルを使用。
丁寧に馴染ませ油分を補います。
完全に乾いたら乾拭きしてつやつやに。
忘れないうちに防水スプレーもかけておきましょう。

革靴とはいえ、スエード素材の場合は雨に濡れてしまうと致命的です。
汚れがつかないよう、はく前に防水スプレーを使うといいですね。

おわりに

革靴 ケア
イタリアには
「良い靴をはきなさい。良い靴ははき主を良い場所へ連れて行ってくれる」
ということばがあります。
どんなに高価な靴でも手入れが行き届いていないものは良い靴とはいえませんね。

一足の靴を長く大事にはき続けることは節約にもつながります。
革靴の寿命は扱い方によって大きく変わるもの。
家計の負担を少なくするためにも、ケアを忘れないようにしましょう。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet