ホントに預金は減らないの?マイナス金利の真実とは?

はじめに

マイナス金利

先日、日本銀行(以下、日銀)が2016年2月16日からマイナス金利を導入することを発表しました。
マイナス金利は日本初の試みであるため、「銀行に預けていると私たちの預金が減るからタンス預金にしなきゃ」なとど不安の声が多く上がっています。

本記事ではそんな皆さんの不安を解消するため、マイナス金利について詳しくご紹介します。

そもそもマイナス金利とは?

マイナス金利

銀行の預金には利息がつき、わずかな金額ですが実際に預けたお金より多くなることは周知の事実。
本来マイナス金利とは、その言葉どおりに利息が0%以下となることで預金している分の利子を銀行に支払うことを指します。
銀行に預ける期間が長くなるほど、どんどんお金が減っていくことに。

しかし、今回導入予定のマイナス金利は、銀行が日銀に預けている預金のみに適用されます。
私たちの口座の利息はそのままなので、預金が減ることはありません

マイナス金利で景気が回復するって本当?

マイナス金利

なぜ日銀は銀行へのマイナス金利導入を決めたのでしょうか?

各銀行は日銀に口座を持っています。
これまでに預金した口座は従来の利息のままですが、今後新規で開設する口座の利息はマイナス0.1%。
銀行は日銀に預金を預けていると利子を支払い続けなければならないため、資産が目減りする一方となります。

その結果、銀行が日銀に預ける代わりに企業に貸し出すことで、企業の設備投資と賃上げを押し上げすることとなるでしょう。
市場に出回るお金を増やし、景気回復を図ることが日銀の狙いなのです。

マイナス金利、一般家庭へのメリットは?

マイナス金利

マイナス金利の目的が経済の活性化であることはわかりましたが、私たちの生活にもたらす具体的なメリットは何?と疑問が残るところ。

住宅や車のローンの金利が下がり、高額なものが購入しやすくなるといわれています。
銀行側としては日銀に預けていた分の利息が減るため、ほかに融資を回して利益を上げなければなりません。
多くの人にローンを組んでもらいたいので、その分金利低下が見込まれています。

銀行のメリットがなくなる可能性も…

マイナス金利

私たちの口座のお金は減ることはありませんが、利息がさらに減る可能性はあります。
現在の大手メガバンク3行の普通預金金利は0.02%(※)と雀の涙といったところ。
銀行に預けるメリットはますますなくなり、株や債券、外貨積み立てなどで資産を分散させて、今まで以上に個人レベルで資産を守る必要があるといわれています。

※2016年2月4日付の金利

終わりに

マイナス金利

いかがでしたか?
今回導入予定のマイナス金利で銀行口座のお金が減る心配はありません。
「お金が減るかも」という不安に付け込んで、詐欺被害が増えることが予想されています。
ニュースや新聞でマイナス金利に関する正しい情報を身につけていきましょう。