ちょっと電子書籍を読みたい!7インチタブレット比較

はじめに

7インチ タブレット
持ち歩きやすく使いやすい7インチタブレット。
各社から発売されており、デザインや機能は多岐に渡ります。
今回はそんな7インチタブレットを徹底比較してみました。

iPad mini 4

7インチ タブレット

iPad mini 4 はapple社が販売している13インチのiPad Pro、10インチのiPad Airより一つ小さいサイズの、7.9インチタブレットです。

重量は300gと標準的で、厚さは6.1mmと非常に薄いのが特徴。
800万画素を誇るカメラは他の追随を許さず、解像度も2048×1536と高クオリティ。

惜しむらくは、USBとmicroSDのスロットが搭載されていないというところ。
実売価格43,000円と、このインチ帯の中では少々お高めです。

しかし、iOSが搭載されているタブレットはiPadしかありません。
apple製品の操作性やデザイン性に惹かれて購入する人は数多いでしょう。

ZenPad 7.0

160114I-02
ASUSから販売されているZenPad 7.0は1万円台で購入可能な、非常に安価な7インチandroidタブレットです。
microUSB、USB、microSDカードスロットとスロットが充実。薄さは8~10mm程度と標準的で、値段から感じる印象よりも洗練されたデザインを持ちます。

そして、何よりもの特徴は純正アクセサリーカバーの豊富さでしょう。
純正のアクセサリーカバーは横置き型スタンド。最長6時間の駆動時間になるバッテリーパワーケース、ステレオスピーカーを内蔵したオーディオカバーの3種類。
さらに、本体のブラック、ホワイト、シルバーの3種類に応じたバリエーションが用意されています。
工具なしで着脱が可能なので手軽です。

また、画像処理テクノロジーを使っていて、彩度が高く細部まで綺麗な画像が表示されます。
1万円台にしては非常に使いやすいタブレットと言えるでしょう。

Diginnos Tablet

7インチ タブレット
パソコン通販でおなじみのドスパラから販売されているタブレットは、GooglePlay対応で12,980円と非常に安価。
この価格帯の中では8mmと薄く、microSDカードは2GB、microSDHCカードは32GBとカードリーダーも充実しています。

外観はアルミ性で安っぽさもありません。
また、電源端子がUSBとは別にあるためUSBポートを占有せず便利です。

しかし、メモリが1GB、内部ストレージが8GBと少しスペック不足が目立ちます。
バッテリーも4.5時間と短く、他の一般的な7インチタブレットと比べてパワー不足を実感するでしょう。
インターネットの閲覧や電子書籍を読むくらいなら特に問題はないので、入門機にぴったりのタブレットだと思います。

おわりに

7インチ タブレット
安いものから高いものまで、7インチタブレットの種類は多岐に渡ります。
ぜひ自分に合った用途と予算を検討して、一番良いと思ったタブレットを選んでください。