探してみて!医療費控除の申告に役立つ意外な領収書

はじめに

医療費控除 領収書

1月1日から12月31日までの1年間に、生計を共にする家族のために支払った医療費が一定の金額を超えた場合に受けられる医療費控除。
確定申告の際、病気やケガで病院へかかった際に支払った医療費のみを申告してしまいがちですが、他にも控除の対象となるものがいろいろとあります。

もしかしたら、控除対象になる領収書が家のどこかで眠っているかもしれません。
忘れてしまいがちなものをしっかりチェックしてみましょう。

病院までの交通手段は覚えていますか?

医療費控除 領収書

治療のために公共交通機関を利用して病院へ行った場合や、病気・ケガのために電車やバスなどを利用することができず、タクシーを利用した時はその費用も医療控除の対象になります。

バスや電車を利用した場合は、日付・医療機関名・移動区間等をきちんと記した明細書を作って添付すれば領収書がなくても大丈夫。
家族や知人の車で通院した際のガソリン代や駐車場代等は申請の対象にはなりません。

市販の薬は購入していませんか?

医療費控除 領収書
風邪薬や胃薬、捻挫した時の湿布など病院に行かずに薬を買いませんでしたか?
治療用に買った薬のレシートや領収書は医療控除の対象となります。

高熱が出た時に利用した水枕、冷却ジェルシートなども大丈夫。
病気やケガの治療が目的であることがはっきりしていれば申請できるのです。

しかし、病気やケガの予防、回復を早めるために使用したビタミン剤などのサプリメントは控除対象に入りません。
ドラッグストアなどで控除の対象となるものとその他の商品をまとめて買う時は、会計を別に行うと後々便利ですね。

整骨院などで治療は受けましたか?

医療費控除 領収書

整骨院や針灸院などで治療した場合の領収書も添付できます。
疲れがたまった時など、体調管理のために通院した時は対象外。

国家資格を持つ柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師から治療目的で施術を受けた場合だけが対象になります。

メガネやコンタクトを作っていませんか?

医療費控除 領収書

治療のために必要だと医師が判断し、処方箋により作ったメガネやコンタクトは対象となります。
老眼・近視・遠視・乱視を矯正するためのものは対象から外れますのでご注意を。

歯ブラシも対象となる場合が…

医療費控除 領収書
歯科医師の指示で歯科医院にて購入した歯周病治療用の歯ブラシや歯間ブラシなどは控除の対象になります。

2017年度からの特例を知っていますか?

医療費控除 領収書
「スイッチOTC医薬品」の年間購入額が1万2000円を超えた場合に控除を受けられる、という特例が2017年度から始まります。

もともとは医療用医薬品だった薬品が、安全性と効果が確認され、処方箋なしでも買うことのできるようになった「スイッチOTC医薬品」。
解熱剤の「ロキソニンS」や抗アレルギー剤の「アレジオン10」「アレグラFX」など、身近な薬品も多くあります。

ただし、控除の対象となるのは2017年から2020年までの確定申告分5年間のみ。
通常の医療費控除との併用不可のため、どちらで申請するのがお得か、計算してみては。

おわりに

医療費控除 領収書
申請に出し忘れてしまいそうな領収書は見つかりましたか?
レシート類は紛失しやすいもの。
申告漏れをなくすために、家計簿を活用してみるのもいいですね。