2台持ちの方が、スマホ1台よりも料金を安くできる!?

この記事の所要時間: 631

はじめに

2daimochi_01
スマートフォンが気になっているけど、料金が高くなるんだろうなあと不安に思っているガラケー(フィーチャーフォン)愛用者の方、いらっしゃいませんか?
確かにスマートフォンは、ガラケーの料金プランとは異なり、月額料金に無料通話分がなかったり、パケット定額サービスがもともと高めだったりと、料金が上がってしまいがち。
でも実は、ガラケー+スマホの「2台持ち」にすれば、月額の利用料金を抑えることができるんです!

2台持ちってどういうこと?

images
2台持ちとは、ガラケーとスマホを1台ずつ、合計2台持つことを指します。ただし、普通に2台持つだけだと料金も余計にかさんでしまうね。そんなイメージもあって、「2台持ち」という言葉は知っていても、特にメリットを感じていなかった人も多いでしょう。
そこでオススメをしたいのが、MVNO(仮想移動体通信事業者)が販売する通信プラン。
MVNOとは、他社から携帯電話などの無線通信インフラを借り受けてサービスを提供している事業者のことで、通信容量や通信速度に制限がある代わりに、月額料金が安いというメリットがあります。

スマホの月額利用料金は高い!

06_archimedes_35438535_620x433
そもそもスマホで通話・メール・ネットをすべて使うとなると、ガラケーに比べて料金は高くなります。
契約時の月額利用料金はドコモの場合で、最低5,743円/月。その内訳は、「タイプXi にねん」(※1)をベースに設定すると、基本使用料が743円/月、「パケ・ホーダイ ライト」が4,700円/月、spモード(スマホ利用分プロバイダ料金)が300円/月となっています。

※キャンペーンなどによる割引は除いての計算となります。

今よりも安くする2台持ちの料金プラン例(通話をあまり利用しない)

Exif_JPEG_PICTURE
ではどうやって月額料金を安くするのかというと、使う機能に絞って料金プランを組むのがミソ。
ここでは、ドコモの場合でシミュレーションしてみましょう(※4)。
スマホは、インターネットに接続するための通話回線として、先ほど触れたMVNOの「BIGLOBE LTE・3G」のエントリープラン(※2、3)に申し込んで、SIMカードを入手します。
この場合、別途、スマホの機種を用意する必要がありますので、ご家族が機種変をする前に使っていた余っている機種を利用するか、白ロムを安く手に入れて利用するようにします。
家族が使っていたスマホを利用する場合は、ドコモの端末に限られます。白ロムはネットショップなどで買うことができますよ。
新品がほしい!という方は『Wi-Fiほぼスマホ』がオススメ。
「ほぼ」がつきますが、ほとんどスマートフォンと同じように使えます。
次にガラケー側の契約内容を変更します。
ガラケーは基本的には通話とメールのみで使用することになるので、「タイプシンプル バリュー」(743円/月 ※5)にして、メール使いホーダイを適用するのがベスト。

ということで料金プランを整理すると・・・

スマホ(データ通信とアプリ用)/月額

「BIGLOBE LTE・3G」エントリープラン(※2、3)/933円/月(※6)

ガラケー(電話とキャリアメール用)/月額

タイプシンプル バリュー(※4)/743円/月
iモード使用料/300円
パケ・ホーダイ シンプル/0円~

となります。いかがですか? ガラケーでiモードを利用しないことを前提とすれば、スマホとガラケーの2台持ちで月額1,976円/月になります!
スマホ1台の契約で5,743円と考えると、65%以上も安くなりますよ。
2daimochi_03
タイプシンプル バリューはパケ・ホーダイ シンプルへの契約が必須となります。定額料が0円ですが、パケット定額サービスのため、iモードを利用した分だけ料金が発生します(月額上限4,200円)。

また、「ファミ割MAX50」を利用することで家族間の電話は無料になりますし、あまった無料通話分を2カ月くりこしたあと、さらに家族でわけあえます。

今よりも安くする2台持ちの料金プラン例(通話を少しはしたい)

もう少し通話したいのでしたら、「タイプシンプル バリュー」を無料通話分1,000円ついた「タイプSS バリュー」に変更して、下記のような料金プランにしても、2,539円/月で設定できます。

スマホ(データ通信とアプリ用)/月額

「BIGLOBE LTE・3G」エントリープラン(※2、3)/933円/月(※6)

ガラケー(電話とキャリアメール用)

タイプSS バリュー/934円/月
iモード使用料/300円/月
パケ・ホーダイ ダブル/372円/月~
このように、スマホでネット利用、ガラケーでメールと電話を利用と使い分けることで、スマホの通信費を大幅に節約できます。

ほかにこんなメリットも!

o03990600img_2f990a1f6d6a94c1f8d402ee32c6a7af61431
2台持ちすることで、料金以外にも多くのメリットがあります。たとえば、ガラケーではメールや電話、スマホではネット閲覧と用途を分散できるため、電池のもちを心配することも少なくなります。特に、終日外出する日などは安心ですね。

ビジネスシーンでも便利です。スマホのカレンダーに予定を入れている場合、1台だけだと通話中に予定を参照することはできませんが、2台持ちだとガラケーで通話しながら、スマホを使って予定を確認できます。

携帯電話料金を安く、暮らしを便利にしてくれる「2台持ち」。皆さんも検討してみてはいかがですか?

Wi-Fiほぼスマホ

336_280
ところで、スマートフォン端末・LTE通信(「BIGLOBE LTE・3G」エントリープラン)・Wi-Fiスポットがセットで 2,809円/月(税別)から使える「Wi-Fiほぼスマホ」を知っていますか?(※2)

端末は人気のシャープ製AQUOS PHONE。画面は大きく見やすい4.8インチ(フルHD)でIGZO液晶パネルを搭載。省電力&大容量バッテリーなので、一日中減りを気にせず使えますよ。

スマホデビューをしたい人はもちろん、今よりもっと料金を安くしたいという人も使わない手はありません!


※1 2年間同一回線の継続利用を条件にした料金プランです。
※2 エントリープランご利用の場合(「ベーシック」コース200円(税別)/月を含む)。別途ユニバーサルサービス料3円(税別)/月と、初期費用としてプラン申込手数料3,000円(税別)がかかります。
※3 通信量が月間総量基準値(エントリープランの場合1GB/月)を超えると当月の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。また、特にご利用の多い(直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MB以上)お客さまに対して、通信速度を制限する場合があります。
※4 ドコモでの契約を「ベーシックプラン」で利用していることが前提となります。
※5 「ファミ割MAX50」もしくは「ひとりでも割50」を利用した場合の金額となります。
※6 「ベーシック」コース200円/月(税別)を含む金額です。「ベーシック」コースとは、高速モバイルのみの利用におすすめの接続コースです。BIGLOBE LTE・3Gのご利用には、BIGLOBEの接続コースへのお申し込みが必要となります。BIGLOBE LTE・3Gのみのご利用の方には最も料金が安い「ベーシック」コースがおすすめです。

掲載元

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後もこのようなお金に関する雑学や、節約情報・お得情報を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet