新人ママさん必見!削るに削れない子供の習い事費用節約術

この記事の所要時間: 427

はじめに

 a1180_005391
自分は、習いたくても親に習わせてもらえなかったから、子供には習わせてやりたい。学童保育の代わりに、学校帰りに習わせると時間的にちょうどいいから習わせたい。ママ友に誘われたから、仕方なく。
子供に「習い事」をさせる理由も人それぞれ様々ですよね。いったん習い始めた「習い事」は、教育的にも親の心情的にもやめさせたくないものです。
そんな習い事費用、どうやったら節約できるでしょうか?

習い事にかける予算を決めよう!

a0002_011006
お月謝、負担になってませんか?
最初が肝心です!習い始める前に予算を立ててみましょう。
年間でいくら習い事に支払うか決め、きちんとその予算にあわせた習い事をはじめることが節約への第一歩です。

予算をオーバーしたら?

url
本当にその習い事が必要かどうか考えてください。
サッカークラブに入るよりも、地元のサッカー少年団に入った方がお得です。また、学校のクラブ活動はほとんどお金がかかりませんし、博物館や地元の自治体が行う体験講座などでも子供の経験を増やすことができます。
なにもお金をかけるだけが子供にとっていい物とは限りません。事前のリサーチをきちんと行うことで、本当に必要かどうか見えててきます。

よそのお宅はどのくらいお月謝つかってるの?

スクリーンショット 2014-03-08 17.48.56
予算を立てるには、相場を知ることが必要ですね。
Benesse教育情報サイトによると、子供一人あたりの習い事にかかる一か月の費用は5000〜10000円が一番多いそうです。
 

家計費からお月謝を捻出できますか?

a0002_003051
では、お月謝の計算してみましょう。
月5000円の場合、年間で6万円。5000円の習い事を2つした場合は、年間で12万円です。
今の収入で、年間6万円~12万円 捻出できるかどうか?
シュミレーションをしたうえで、習い事は慎重にスタートするのが子にも親にも大切ですね。

忘れちゃダメ!月謝だけじゃない!習い事にかかる費用

a0011_000180
忘れがちなのが、お月謝以外にかかるお金です。
たとえば、女の子に人気のピアノを習う場合
・テキストや楽譜
・会場使用料
・発表会会費
・発表会衣装代
月謝以外にも、結構な金額の費用が追加で必要な場合が多いです。
この場合、大手音楽教室よりも地域のコミュニティセンターで開催させる個人教室の方が、比較的お手軽な値段に設定されていることが多く事前のリサーチが肝心です。
 

お月謝のお財布は どの財布?

img58069050
習い事とはいえ、兄弟のバランスも考えておく必要があります。
3人お子様がいて、3人同じように習い事をする場合は、12万×3。なんと、年間36万円です。
安易に捻出できる数値じゃありませんよね。
お月謝を家計費から捻出する方法だけでなく、貯蓄をやりくりする母親がパートにでる。祖父母のありがたいお言葉に甘える。などなど、お財布を増やすのが一番早いかもしれません。

おわりに

a0001_017096
習い事をするにあたり、親として大切にしたいのは やはり「こどもがやりたい!」という気持ちです。
習い事を始めるときは、子も親も新しいことにチャレンジするわけですからウキウキ楽しくスタートしますよね。
でも、一生懸命がんばっても、いや、がんばっているからこそ、途中どうしても中だるみ期間がくるものです。
そこをいかに、見守りフォローできるかが何事も大切だと思いませんか?
だからこそ、「こどもが習いたい」ものを習い、資金面・メンタル面を支えていける親でありたいものですね。

 参考元

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の光熱費はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかった出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後も光熱費の節約の様な節約情報やお得情報、お金に関する雑学を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット