低解約返戻金型保険が学資保険の代わりに勧められる4つの理由

この記事の所要時間: 442

はじめに

低解約返戻金型保険
大学進学が当たり前になっている時代。
我が子にかかる教育費の総額は驚くべきものです。
幼稚園から大学まで全て私立の場合は2373万円、公立の場合でも1018万円。
つい、「勉強だけが全てじゃない!」と言いたくなります。

では、勉強をしないのならば、子どもにお金はかからないのでしょうか。
子どもが自力で生きていくための力をつけるには、やはりある程度のお金はかかるものです。

では、子どものための保険は学資保険しかないのでしょうか。
最近では、保険代理店で学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険を勧めることは珍しいことではありません。

今回は、学資保険と低解約返戻金型終身保険を比較しながら勉強してみましょう。

学資保険VS低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型保険

保険金を受け取るタイミング

学資保険は、教育資金、それも大学進学のための資金貯蓄のために重点を置いてあり、18歳満期のものが多いです。
この18歳満期は途中で変更することはできず、子どもが大学に進学しなくても満期日になったら保険金が入ってきます。
お祝い金といった一時金も進学の節目に設定されたもので、契約者(親)が急にお金が必要になった時に保険金を受け取ることはできません。

これに対して、低解約返戻金型終身保険は、満期を10年や15年など選ぶことができます。
さらに、満期を過ぎても解約せずに据え置くこともできます。
据え置きの間、保障も続きます。

学資保険に比べ、低解約返戻金型終身保険の方が保険金の受け取りを自分でコントロールしやすいです。

ライフプランニング

学資保険は、子どもがいないと加入することができません。
妊娠中に加入できる学資保険もありますが、数は少ないですし、妊娠期間は1年もありません。
トータルプランニングを考える上では、短い期間でしか補えない保険は少々もったいないです。

低解約返戻金型終身保険ですと子どもに関係なく加入できます。
自分の思い描くライフプランにそって、早めに子どもの学費を貯蓄することが可能となります。

契約者(親)が亡くなった時の保障

学資保険の死亡保障は、契約者が亡くなった後、保険料の支払いが免除になり、その上で予定通りの満期金が支払われることになっています。
学資が目的の保険ですので、低解約返戻金型終身保険の死亡保障の金額よりもかなり少ないです。

死亡保障内容をある程度重視するのであれば、やはり低解約返戻金型終身保険の方がおすすめです。
低解約返戻金型終身保険は通常の終身保険よりも保険料が安いのも魅力です。

返戻率はどちらが良い?

「学資保険は返戻率の良いものを選ぶべし」といいますが、学資保険と低解約返戻金型終身保険ではどちらの返戻率が良いのでしょうか。

学資保険だと18歳満期で最も良くて114%くらいです。
15年満期の低解約返戻金型終身保険を18年で解約すると112.7%ですが、35年で解約すると136.5%となります。

満期を過ぎて据え置きしておくと返戻率は上がり、保障も継続されるのですが、低解約返戻金型終身保険は、保険料の払込期間中に解約すると元本割れするデメリットがあります。

低解約返戻金型終身保険を学資保険の代わりとして加入するのであれば、満期まで解約せず、保険料を払い続けることが絶対に必要な条件となります。

おわりに

低解約返戻金型終身保険
学資保険に比べ、低解約返戻金型終身保険は保障内容が充実し、加入時期や保険金受取時期に柔軟性がありますが、満期前の解約では損をしてしまうデメリットもあります。

保険というものはそれぞれ特徴があり、その特徴が全て自分にとって良いものとは限りません。
自分のライフプランに合わせて、一番必要だと思われるメリットのある保険を見つけてください。

 

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の光熱費はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかった出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後も光熱費の節約の様な節約情報やお得情報、お金に関する雑学を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet