おいしさもキレイもUP!焼きフルーツのススメ

この記事の所要時間: 356

はじめに

フルーツ 焼く
1年通しておいしい果物。秋から冬にかけても、旬のフルーツが目白押しです。
いつも通り皮をむいて切り分けてそのまま…でももちろんおいしいですが、今年は「焼いて」みませんか?

焼くと良いこといっぱい♪

フルーツ 焼く
果物を焼く?と疑問を感じる方、お気持ちわかります。
でも、果物を焼くと、栄養や甘味などが凝縮され、健康効果も高まるのだとか。

フルーツを焼くと、メイラード反応という反応が起こり、酸味が減り、芳香物質が増加します。さらに、水分が抜けて味が濃縮されることで、非常に甘く感じるようになるのです。

皮には、ポリフェノールやフラボノイドなども含まれ、美容には最適なんです。
でも、そのままでは消化にも悪いため、栄養は十分に摂取できません。
しかし、焼くことで皮も食べられるようになり、フルーツの栄養をまるごと摂れるようになります。
(出典:https://locari.jp/posts/10509

さらにこのような記事も。

 フルーツの栄養成分や美容や健康に良いとされている有効成分(ポリフェノールやフラボノイドなど)は、主に皮の部分に多量に含まれていますが、生のままでは消化が悪く、そのまま食べても体に十分摂取出来ません。

しかしフルーツを良く焼く事で皮ごと食べられる様に成り、美容に良い有効成分を効果的に摂取出来る様に成ります。
(出典:https://www.rankingshare.jp/rank/qobmkzyxda

このように、美容にとっても良い「焼フルーツ」。
ではどのように調理すればいいのでしょうか?

焼きフルーツの下準備をする

フルーツ 焼く
皮の周りの農薬が気になる場合や少し古くなった果物を調理する場合は、まず「50度洗い」をしましょう。

50度洗いをするとヒートショックという現象が起き、細胞が活性化して水分を吸収します。
このため、果物や野菜が瑞々しくシャッキリと蘇るのだそう。

方法はとっても簡単。果物をまるごと50度のお湯に入れて、表面を優しく洗うだけ。洗う時間は果物によって多少異なりますが、目安は2~3分ほどです。
(参考:https://www.rankingshare.jp/rank/qobmkzyxda

焼きフルーツレシピ

焼きフルーツを作るには特別な調理器具は必要ありません。フライパン・グリル・オーブンなど「焼き調理」の出来るものなら何でもOK!
早速作ってみましょう。

焼きリンゴ

フルーツ 焼く
http://cookpad.com/recipe/1261808

焼きフルーツの基本といえば、焼きリンゴです♪
シナモンとバターがとろ~ん。寒い夜のデザートにピッタリ!
お好みでアイスやホイップクリームを添えても◎。

焼きバナナ

フルーツ 焼く
http://cookpad.com/recipe/1678583

こちらは皮をむいてフレンチトースト感覚で頂けるレシピです。
焼くことでより濃厚な甘みに!

フルーツ 焼く
http://cookpad.com/recipe/2552139

こちらは皮ごと焼くレシピです。
甘さの調節はお好みで!

焼き梨

フルーツ 焼く
http://kiki7ippatu.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

リンゴと同じように、梨だって丸ごと焼いちゃいましょう。
バターの風味とドライフルーツの酸味がたまりません♪
ホイップクリームを添えても絶品!

焼きフルーツトースト

フルーツ 焼く
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1600011839/

今が美味しい柿をのせてトーストに!
とろっと甘くて朝から幸せ気分です。

焼きみかん

フルーツ 焼く
http://cookpad.com/recipe/2897786

皮ごと焼いちゃいましょう!
ほくほく美味しいみかんは美肌効果も♪その美味しさは焼芋のようなんだとか。

番外編:鶏肉と一緒に

フルーツ 焼く
http://cookpad.com/recipe/2612776

お料理にだって使えます!
こちらはレモンとマスカット。ワインと一緒にいかがですか?

おわりに

フルーツ 焼く
秋は特に果物が美味しい季節。
ぶどうや柑橘類などでも試してみてはいかがですか?
焼きフルーツでおいしく手軽に美人度アップ!

カテゴリー

お菓子

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet