ランチパックを劇的に美味しくする4つの方法 〜簡単に出来るご馳走アレンジ〜

この記事の所要時間: 234

はじめに

ランチパック アレンジ

多くの人が一度は食べたことのある、山崎パンの『ランチパック』。

耳のない、柔らかいパンの中に入っている具の種類は把握しきれない程沢山あり、そのバリエーションの豊かさが魅力の1つですよね。

もちろんランチパックはそのまま食べても十分美味しく、色々な味を楽しむことができます。

しかし美味しいからといって、食べ続けていては飽きがくるのは時間の問題…。

そこで本記事では、ランチパックに少し手を加えて更なる美味しさを引き出す方法をご紹介します。

ランチパックへの愛から生まれたアレンジ方法で、新鮮な美味しさを再発見しましょう!

ランチパックのアレンジその1 冷凍する

ランチパック アレンジ 冷凍

食パンを冷凍すると味が一層美味しくなることを知っている方も多いと思います。

もちろんランチパックも例外ではありません。

冷凍したランチパックはひんやり美味しく、普通では味わうことのできない美味しさがあります。

中でも一番おいしくなるランチパックは「白桃&ホイップ」。

売られているのはあまり見かけませんが、もし見つけたら是非チャレンジしてみてくださいね♪

また、ランチパックは冷凍保存が可能なので、賞味期限が危うくなったら冷凍してしまいましょう。

ランチパックのアレンジその2 焼く

ランチパック アレンジ 焼く ランチパックトースト

ランチパックを焼いて『ランチパックトースト』にしてみましょう。

トースターでランチパックがきつね色になるまで焼いたら、全く新しいランチパックの完成です。

また焼いたランチパックは冷凍したランチパック以上に沢山のアレンジを楽しむことができます。

『ハム&マヨネーズ』にハムとチーズをのせて焼いたり、『ツナ』に少量のゆず胡椒とバターを塗ったり。

沢山のバリエーションのあるランチパック。アレンジは無限大です♪

ランチパックのアレンジその3 はさむ

ランチパック アレンジ はさむ ランチパックバーガー

元々パンとパンの間に具材を挟んでいるランチパックですが、そのランチパックで更に具材を挟む食べ方も!

【調理方法】
①2枚とも焼く。
②焼いてる間に、「ハム」または、「ベーコン」を焼く。
③焼いたハム又はベーコン、それに加えてレタスなどをサンド。

まさにランチパックの贅沢な食べ方。

美味しいことは想像ができますが、少し食べづらいかもしれませんね。

ランチパックのアレンジその4 揚げる

ランチパック 揚げる

焼いて美味しいのだから、勿論ランチパックを揚げても美味しいはずです。

なかでもツナマヨネーズのランチパックを揚げたものはとても美味しいのだとか。

サクサクした衣に包まれたランチパック、想像するだけでヨダレが出そうです♪

ランチパックを揚げてみた詳しいレポはこちら

おわりに

ランチパック アレンジ

いかがでしたでしょうか。

そのまま食べても十分美味しいランチパック。

沢山のアレンジを試し、自分だけの最高の味を作ってみましょう♪

ランチパックを愛する「ランチパッカー」に、あなたも是非なってみませんか?

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet