子どものお小遣いはいくら?気になる世間の事情とお金教育のススメ

この記事の所要時間: 412

はじめに

子ども 小遣い
みなさんは、子どもにどのくらいのお小遣いを渡していますか?子どもの希望や家族の習慣もあるので渡している人、そうでない人がいるかもしれませんね。

でも、他のおうちのお子さんがどれくらいお小遣いをもらっているのか気になりませんか?それではみていきましょう。

子どものお小遣い額

子ども 小遣い
http://www.garbagenews.net/archives/1996742.html

こちらは金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年公表している、家計の金融行動を調査したものをもとにグラフにしています。

2014年度の毎月のお小遣い額を調査したものを見ていきましょう。

小学校低・中学年で600円~800円、高学年になると1000円を超えています。

中学生になると2500円強、高校生になると5600円くらい、いきなり倍以上になりますね。大学生の場合は自活をしている人、アルバイトをしている人もいるので、省いて考えていきます。

何に使う?

子ども 小遣い
http://www.garbagenews.net/archives/1959845.html

では何に使うのでしょうか。小学生に限定されますが、平均してお小遣いは500円前後と考えてみます。

これはお小遣い用途を統計に出したものです。ゲームやお菓子、文具やマンガなど子どもにも必要なものや欲しいもの、おつきあいなど大人と同じようにあります。しかしよく見ると、「貯金」がダントツ1位で半数以上です。

実は、あまり必要としていない?

子ども 小遣い
もちろん、男の子と女の子では必要なもの、欲しいものは違うので、男女差はあるでしょう。でも貯金は男の子が47.7%、女の子が53.0%で、だいたいどちらも半数ですね。

  • 貯金をする子どもたちに考えられる理由としては、
  • 使い道が分からない
  • 具体的に欲しいものがあるので、購入できるまで貯めている
  • 親にすすめられる

こんなところでしょうか。お年玉などでボーナス(?)がつくと更に額は増え、子どもたちには何に使って良いのか分からないことも多分にあるでしょう。

子どももお金管理を身につけよう

子ども 小遣い

子どもの教育費や文具、その他必要経費はたくさんかかるとしても、子どもたちが手ににぎる必要のあるお金はそれほどではありません。しかし、どんなことにお金を使うのか、使ったのか、覚えさせることも大切です。

お金の教育の第一歩として、自分のお小遣い帳をつくって、書かせてみましょう。

お父さん・お母さんも把握できる

子ども 小遣い

子どもがお金の使い方を覚えるだけでなく、ご両親も子どもの使い方を把握することができます。3~4年生くらいから始めてみてはいかがでしょう。
目安ですから、早ければ良いというわけではなく、中学生になっても遅すぎるということはありません。

お小遣い制ではなく、必要に応じて都合しているという人も、どのくらいの出費をしたかメモさせておくのもよいですね。もちろん、決まった金額で行った方が、管理を覚える上ではよいかもしれません。

簡単なことから

子ども 小遣い
お小遣い帳は、市販のものから、最近は無料ダウンロードを印刷してできるもの、お小遣い帳アプリなどもたくさん出回っています。

でも、気合いを入れすぎるとお互い長続きしなくなる可能性もあります。ここは大学ノートに線を引いて、簡単にメモをさせるだけで良いと思います。

続けるために、できること

子ども 小遣い

子どもはサボりがちです。ですから、サボったら厳しく、書いたらきちんと褒めてあげるメリハリと、「一緒にやる」という気持ちが大切です。お小遣い帳を見せることを条件に、お小遣いをあげてもよいですね。

子どもによっては、すぐに使ってしまうこともあるでしょう。そんなときはお金をあげてしまってはいけません。次のお小遣いまで「我慢する」経験も、倹約しようという気持ちへつながっていくのです。

いつまでも子ども扱いしない

子ども 小遣い
小学校のうちはトレーニングのためにきちんとついていきますが、いつまでも口を出すのも問題。自由になったとたんお金を使い果たしてしまう、なんてことになりかねません。

中学生くらいからは、お小遣い帳のメモを通してコミュニケーションするつもりで、お金の大切さや無駄遣いを教えていきましょう。

おわりに

子ども 小遣い

お父さん、お母さんにとっても、お金のやりくり、管理は大変。子どもたちへのお金の教育もまた大変ですが、将来のために有意義なことです。頑張ってくださいね。

参考
http://allabout.co.jp/gm/gc/10831/

このほかにも子どものお小遣いについて紹介しています。
ぜひご覧くださいね。
お小遣い 子ども ルール

子どもの将来をダメにする?!お小遣いのあげかた

お小遣い

イギリスの子どものお小遣い事情|歯一本290円とは一体・・・?

お盆だま お小遣い 子ども

「お盆玉」って?子どもにうれしいお盆休みの新しい習慣とは

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet