いざ出発国内移住!地方創生を目指す自治体の充実生活サポート制度

はじめに

助成制度 地方自治体
少子高齢化、経済問題と様々な課題を抱えている日本。しかし地方自治体は、そんな課題と前向きに挑んでいます。市民を助ける助成制度、どんなものがあるかみていきましょう。

新築住宅助成制度

島根県飯南町

助成制度 地方自治体
この町の新築住宅助成制度では、全4パターンの住宅から好きなタイプを選びます。戸建住宅の建築を行い、入居時に12万円、後は月額4万円。25年住み続ければ、所有権が譲渡されるそうです。夫婦とも40歳以下、子どもが中学生以下という条件になっています。

平成27年度の募集は締め切っています。詳細は飯南町ホームページにて確認してください。
http://iinan-teiju.jp/

北海道沼田町

助成制度 地方自治体
移住定住応援奨励金制度があり、住宅を取得した人に対して最大450万円を助成します。
http://www.town.numata.hokkaido.jp/section/nougyou/ujj7s300000016ko.html

山口県下関市

助成制度 地方自治体
私有地等活用定住促進助成金事業があり、市の指定する土地を購入する移住希望者が、住宅を建てて定住する場合、固定資産など最大200万円が、10年間無料になります。
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

徳島県那賀町

助成制度 地方自治体
那賀町営町産材木利用推進住宅制度というものがあり、町内産の木材を使用して住宅を建築した場合、一定期間入居することで持ち家にすることができる制度です。期間中の家賃は7万円です。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/iju/docs/2014061000013/

栃木県那珂川町

助成制度 地方自治体
田舎暮らしを望む人にはこちら。移住希望者には町の保有地を住宅用地(10区間)に整備し、20年間無償で貸与します。1区間150坪以上で、家庭菜園など自由に使うことができます。
http://www.town.tochigi-nakagawa.lg.jp/sangyou/nougyou/takade_no_sato.html

リフォーム・空き家対策

静岡県静岡市

助成制度 地方自治体
空き家情報バンクを通して賃貸物件のリフォームを行うと、「中山間地域移住用住宅改修補助金」により最大100万円の助成が受けられます。
http://www.city.shizuoka.jp/000_004489.html

各地方自治体のほとんどが同様の助成を行っています。リフォームや空き家助成は10万円から100万円くらいまで違いがあります。

設備助成制度

助成制度 地方自治体
こちらは太陽光発電システム、浄化槽設置、生ゴミ処理機の購入、バイオマスストーブの設置など、自然エネルギーへの助成制度です。設置する機材や自治体によって違いますから、お住まいの自治体のホームページでチェックしてみると良いですね。

子育て・教育支援制度

助成制度 地方自治体
出産祝い、入園、入額援助金を始め、1時預かり助や奨学金制度など様々なタイプの支援があります。だいたいの地方自治体では、行われている助成制度ですね。

  • あまり知られていない支援で見ると、こんなものがあります。
  • 市営バス子ども無料乗車事業(青森県青森市)
  • ベビーシート貸出事業(北海道新ひだか町)
  • 乳児おむつ購入費の助成(茨城県 常陸太田市)
  • チャイルドシートの購入・レンタル費用一部助成事業(広島県安芸太田町)

ここでしかない!制度

助成制度 地方自治体
また出産前後のお母様が家事・育児に困難な場合にヘルパーを派遣する「エンゼルヘルパー派遣事業(愛媛県新居浜市)」などがあります。すべての方が安産で、親族の手助けがあるとは限りません。お母様を直接サポートしてくれる思いやり制度です。

また各地方自治体では、子育てに関するお母様へのサポートなどを行っていますから、ぜひ活用したいですね。

おわりに

助成制度 地方自治体
たとえ小さな助成でも、地域の生活者である私達にはかけがえのない援助。生活向上に役立てて、地域にも積極的に貢献しましょうね!