ゴワゴワタオルとはサヨナラ!洗濯時にアレするだけでフワフワに!

この記事の所要時間: 39

はじめに

タオル ふわふわ 洗濯
買った直後のタオルは、ふわふわしていてとっても気持ちいいですよね。しかし洗濯回数が増えるにつれ、どんどんゴワゴワに…。柔軟剤をたくさん入れても、ぜんぜんフワフワと気持ちいいタオルにならない!とお悩みの人はいませんか?

フワフワにするためのポイントは柔軟剤ではなく、洗濯の仕方や乾かし方にあります。
今回はそのポイントについて紹介していきましょう。

なぜゴワゴワになっちゃうの?

まずタオルは何故ゴワゴワになってしまうのか、みていきましょう。

・ドラム式洗濯機の「叩き洗い」

タオル ふわふわ 洗濯
今人気があるドラム式洗濯機は、使用する水量が少なく経済的。
衣類やタオルを「叩き洗う」という特徴がありますが、この叩き洗いが繊維を傷める原因です。タオルのフワフワ感に大事なパイル地のループが寝てしまって、ゴワゴワと硬くなってしまいます。

・洗剤の使いすぎ

タオル ふわふわ 洗濯
タオルをゴワゴワにしないために、洗剤や柔軟剤を多く入れすぎてはいませんか?
たくさん入れるから効果倍増ということは決してありません。洗剤は水に溶ける限度量があるので、それを超えてしまうと溶け切れなかった洗剤が繊維に残ったままになります。
これが結果的にタオルの黒ずみやゴワゴワとしてしまう原因になってしまうのです。

・天日干しのしすぎ

タオル ふわふわ 洗濯
天気がいい日は洗濯するのも気持ちいいものですよね。しかし、タオルは夏の日差しの強い時期や、冬の乾燥時期に長時間干しっぱなしにしてはいけません。繊維はもともとある程度水分含んでいるものですが、長時間干しっぱなしにすることで水分が出すぎてしまいます。水分が出すぎてしまうと、繊維が縮んで硬いタオルになってしまうのです。

良かれと思ってやっていたことが、一番ゴワゴワにしてしまう原因になってしまっていたとはショックですよね。

しかし、ちょっとした工夫でゴワゴワタオルもフワフワになります!
そんな難しいことではありませんよ。まずは洗剤の使用量を守り洗濯しましょう。
洗濯し終わったあと、タオルをどう乾かすかにポイントがあります。

乾かし方のポイント

・一番手っ取り早いのは「乾燥機」

タオル ふわふわ 洗濯
乾燥機は洗濯で寝てしまった繊維を熱風でふんわりと立ち上げてくれます。中でもヒートポンプ乾燥は、タオルの繊維ひとつひとつをしっかりほぐしてくれるのでオススメです。そろそろ寿命かなと思っていたタオルを普段よりもやわらかく仕上げてくれます。

けれども乾燥機を使う上で気になるのはやはり電気代…。
もう少し電気代気にせずフワフワにする方法はないでしょうか?

・タオルを干す前に10~20回振る!

タオル ふわふわ 洗濯
洗濯し終わったあとのタオルを、両手で持ち空気を含ませるように強く振ります。こうすると、洗濯時に寝てしまった繊維が起き上がります。
強く振ったあとに、繊維の向きとは逆に撫でてみてください。繊維がひとつひとつ立っているのが実感できますよ。
この状態で干しましょう。

・長時間干さない

タオル ふわふわ 洗濯
先にも述べましたが、せっかく立てた繊維も水分をとばせすぎてしまうとゴワゴワになってしまいます。タオルが乾いたなと思ったら、すぐに取り込むようにしましょう。
すぐに取り込むことができないのならば、陰干しをオススメします。

おわりに

タオル ふわふわ 洗濯
いかがだったでしょうか。ゴワゴワで硬くなってしまったと諦める前に試してみてください。きっとフンワリとしたタオルに戻りますよ!

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2137964592005630401
http://panasonic.jp/wash/special/dry_towel.html
http://nijiiromix.com/354.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet