【え、もう確定申告の時期!?】確定申告周りで使える便利ツール6選!

はじめに

確定申告が本日から始まりましたね!
個人事業主の方や中小企業の経営者の方々からすると非常に大変な時期になるのではないのでしょうか?

この記事では確定申告を簡単にするためのツールを紹介していきます!

確定申告

1, ネットから納税の申請ができるe-Tax

税務署に行かなくてもネットから納税の申請ができます。
平成26年1月14日(火)から3月17日(月)24時間(メンテナンス時間を除きます。)申請が可能です・
ネットから納税の申請ができるe-Tax

2, レシート、領収書の入力代行サービス「Dr.Walletビジネス」

レシート、請求書のデータを入力を、スマートフォンの写真で撮るだけで入力を代行してくれます。家計簿アプリDr.Walletのノウハウを活かし、確定申告向けにcsvでエクスポート。人力入力のスタッフを多数抱えていることが特徴です。
費用:月4000円で200枚まで(以降従量課金で50枚毎1000円)

Dr.Walletビジネスはこちら

確定申告

3, クラウド会計ソフト「freee」

弥生会計、勘定奉行で行っていた会計仕分け等をクラウド管理できる会計ソフトです。
銀行やクレジットカードを登録するだけで、自動で会計帳簿が作成できます。また、簿記や会計の知識がなくても簡単に銀行やクレジットカードを登録するだけで、自動で会計帳簿が作成できてしまう優れもの!
費用:無料~(プランによって機能が変わる)
freeeはこちら
最近ではこんな本も出ましたね!

確定申告

4, 書いて印刷するだけで完成する「確定申告かんたん印刷ソフト」

・画像イメージに手書き感覚で入力したら、すぐに印刷して提出できます。
・入力した文字列や金額は、控用にも連動表示されるので、提出用の必要項目だけ記載すれば申告書が完成します。
費用:無料
確定申告かんたん印刷ソフト(25年度版)はこちら
小規模法人のための決算書・申告書一括作成タイプの税務会計ソフトはこちら

5, 弥生会計の入力結果から自動で税理士提出用の書類が作れる「楽々法人税」

弥生会計の決算結果とリンクして、法人税確定申告書の作成するソフトです。弥生会計を使っている資本金1億円以下の小規模法人なら、もう税金を支払うために高額な報酬料を支払う必要はありません。年に1度の申告書作成のために忙しい事業主を税の知識や申告書の記載方法などの煩わしい作業から、このサイトが開放されましょう!
楽々法人税はこちら
確定申告

6, 見積書、請求書、納品書の管理を簡単にする「misoca」

請求書一覧を指定フォーマットのエクセルで作成し、読み取ってまとめて郵送(別途有料)などが可能です。
請求忘れを確定申告前にまとめて処理してしまいましょう!
費用:無料トライアル期間あり
misocaはこちら

最後に

一見、面倒臭くて難しく思える確定申告もこういったサービスを利用することで、多少は気持ちも手間も楽になるのではないでしょうか?
是非、試してみてください!

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の光熱費はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかった出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後も光熱費の節約の様な節約情報やお得情報、お金に関する雑学を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。