必要最低限だけで生活する、究極のライフスタイル「ミニマム生活」とは

はじめに

ミニマム生活 ミニマリスト
わたしたちが一般的に暮らす環境は「モノ」であふれています。「もしかしたらあとで使うかもしれないから置いておこう」そんな考えで置いてあるモノってどのぐらいありますか?そういうモノを取り除いていけば、部屋が広く感じてしまうかもしれません。
今回紹介するのは、自分にとって本当に必要なモノだけを厳選して、極力モノを持たない「ミニマム生活です。モノを持たない生活で豊かに暮らす人生とは一体どのようなものなのでしょうか。節約生活にも参考になるかも?
さっそくみていきましょう。

ミニマム生活をするミニマリスト

ミニマム生活 ミニマリスト
ミニマリストとは、モノを限りなく減らして最小限のモノだけで暮らす人々のことを指します。余分なモノは徹底的に捨てることで、モノに支配されず楽に生きられるのだそう。

このライフスタイルは若い世代に少しずつ浸透しています。モノを持たないことで一見不便にも見えますよね。しかしそれ以上に日々の生活は満足感にあふれるとのこと。

一般的に少しでもいいモノを持つことで、生活水準をあげたり便利にしたりするものですが、ミニマリストたちにとってモノを持つという欲求がほぼありません。自分の人生の中で何が一番大事なのかを考えたときに、それがモノではないと結論づけたのがミニマリストなのです。

ではミニマリストたちが持っている「モノ」とは何なのでしょうか。

ミニマム生活にある「モノ」

貴重品

ミニマム生活 ミニマリスト
免許証などの身分証明書、そして生きるのに必要最低限のお金。

洋服

ミニマム生活 ミニマリスト
ミニマリストはお気に入りの服しか持ちません。自分にとってベストな服があるならば、他の服は必要ありません。また新しい服買う際も、持っていた服以上のものに出会わなければ買いません。数着~10着あれば十分との声も。

歯ブラシ

ミニマム生活 ミニマリスト
身だしなみとして必要になります。
ちなみに体を洗うにも石鹸は何種類もいりません。髪は「湯シャン」でもいいし、顔は水のみでも十分なのだそう。

上記のモノ以外は、個人が絶対に必要と思うモノ以外は持っていません。洗濯機もテレビもなくてもいい「モノ」なのです。

ミニマリストがミニマム生活をする目的

ミニマム生活 ミニマリスト
ミニマリストがモノをもたない生活するには、心を豊かにする目的もあります。モノにあふれた生活をしていると、モノをいくら持っても「モノを持つ欲求」に縛られることにもなり満足感を得ることが出来ません。そのため自分に必要なモノ以外は全て捨てて、極限的にシンプルにすることで、自分にとって本当に大事なことが見えてくるのです。

モノを持たないというのは確かに究極論ではありますが、自分を押し殺してまで生活するよりは幸せなライフスタイルかもしれませんね。

おわりに

ミニマム生活 ミニマリスト
いかがだったでしょうか。
ミニマリストたちは決して無理をして生活をしているわけではありません。モノを得るために必要以上の無理をするのはやめたという極々シンプルなものです。最初は「え?」と耳を疑うような生活でも、彼らの価値観には共感できるところもあります。

節約生活をするうえでも、ストレスためるほどの節約では無理がきます。自分にとってそれは大事なモノかどうかをまず精査することからはじめてみてはいかがでしょうか?

 

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2142278021507446101?page=2
shimashima’s minimumlife
http://bibibi100.com/archives/699.html
節約を楽しむシンプルライフ
http://idel-realization.jp/shelly/minimum-life-1439