気分はバリスタ|インスタントコーヒーを極限まで美味しく飲む方法!

この記事の所要時間: 311

はじめに

インスタントコーヒー 本格的
ちょっとした休憩や気分転換にコーヒー飲むとホッとしますよね。コーヒーは本格的に飲もうとすると、豆を挽いてゆっくりお湯をそそいで…と結構手間がかかるもの。そこで便利なのがインスタントコーヒーです。

しかしインスタントコーヒーは手軽ではありますが、粉っぽかったり、香りがよくなかったりしますよね。
今回はインスタントコーヒーがカフェに負けないぐらい本格的な味になる方法を紹介しましょう。

① お湯の温度は90度で!

インスタントコーヒー 本格的
ドリップコーヒーをいれるときにお湯の最適な温度は90度ぐらいといわれています。これはインスタントコーヒーでも同じことがいえます。

最適のお湯でインスタントコーヒーを作るだけでも、まろやかな味わいになり香りも良くなります。お湯の温度が高すぎると苦味が増し、低すぎると酸味が増します。
好みに合わせてお湯の温度を変えてみてもいいかもしれませんね。

② 少量の湯で練る

インスタントコーヒー 本格的
インスタントコーヒーの粉を適量入れて、ティースプーン一杯ぐらいのお湯で練ります。やわらかいチョコレート状になるまで練ったら、残りのお湯を注げば出来上がりです。こうすることでインスタントコーヒーの粉っぽさがなくなり、味もまろやかになります。練っている間もコーヒーの香りを楽しむこともできますよ。
少量のお湯で練ったあと、冷蔵庫で一日寝かすとさらに味に深みがでるそう。

③ 乾煎りをする

インスタントコーヒー 本格的
インスタントコーヒーの粉をカップに入れる前に、フライパンでさっと乾煎りすると香ばしさがアップします。焦げ付きをさけるためにも、フライパンはテフロン加工のものを選びましょう。弱火でじっくり炒り、少し焦げてきたかなというところで火をとめます。ちょっと手間ではありますが、ぐっと美味しいコーヒーになります。

④ 鍋で煮る

インスタントコーヒー 本格的
インスタントコーヒーといえば、お湯を注いで作るものではありますが、お鍋で作ってみましょう。カップ一杯分の冷たい水をお鍋に注ぎ、インスタントコーヒーを適量入れて加熱します。沸騰したらそのまま30秒ほど煮込みます。こうすることで、コーヒーの香りも広がり、旨味が引き立ちます。

⑤ ちょい足しをする

・塩

インスタントコーヒー 本格的
コーヒーに塩?というのは少し変な印象もありますよね。しかし、コーヒーには最適の隠し味なのです。塩のミネラル成分が味をまろやかにしてくれます。塩の量はほんのひとつまみでOK!アラブ諸国などでは、コーヒーに塩というのは一般的な飲み方なんだそう。

・麦茶もしくはほうじ茶

インスタントコーヒー 本格的
インスタントコーヒーの香りを香ばしくするために、最適なのが麦茶もしくはほうじ茶です。麦茶やほうじ茶の香ばしさが炭焼きコーヒーのようにしてくれます。
ただし、麦茶やほうじ茶を入れすぎるとコーヒーの味も薄まってしまうので、少しずつ試してみてください。インスタントコーヒーの種類によっても最適な分量は変わってくるので、自分の好みになるように調節してみてください。

・フレーバーコーヒー風にする

以下のものをインスタントコーヒーに混ぜると、カフェにあるフレーバーコーヒーを楽しむことができます。

生キャラメル

キャラメルマキアート風になります。
生キャラメルを溶かしながら味の変化を楽しむことも!

ココア

インスタントコーヒー 本格的
ミルクとともにコーヒーに混ぜるとカフェモカ風になります。

バニラエッセンス

インスタントコーヒー 本格的
ハワイで人気のバニラフレーバーのライオンコーヒー風になります。

おわりに

インスタントコーヒー 本格的
手軽に飲めるインスタントコーヒーですが、少しの工夫でカフェにも負けない本格的なコーヒーにかえることができます。今回紹介した方法で、ちょっと贅沢なコーヒーブレイクをしてみてはいかがでしょうか?

参考HP
Naverまとめ
ライフハッカー[日本版]
ハウコレ

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet