おこづかい20万円!?裕福女子の実態を徹底調査

この記事の所要時間: 245

はじめに

おこづかい 裕福層 女性
日本では、一般層と裕福層に分かれることが多いですね。諸外国のように「貧困層」というのはあまり見受けませんが、「ない袖は振れない」人が多いはず。やっぱり、うらやましいです。

では、裕福女性というのはどれくらいお金があり、どのような意識を持っているのでしょうか。見ていきましょう。

お金持ち女性の意識調査

おこづかい 裕福層 女性
電通とハースト婦人画報社が行ったリサーチ「意識・消費行動調査」を見てみましょう。世帯資産1億円以上、または世帯年収2,000万円以上の全国の20~60代女性309名を対象に行っています。

1ヶ月で自由に支出できる金額は、「5万円未満」という裕福女性は30.7%、一般女性は93.3%。「5万円~10万円未満」は裕福女性が24.3%、一般女性が4.8%です。「20万円以上」は「上限なし」を含めて裕福女性で27.5%。10人中約3人はお金をたくさん使える、ということですね。

裕福層は「投資」も意識

おこづかい 裕福層 女性
資産運用に対する関心・態度については、「関心あり」と回答した裕福女性は61.5%と、半数以上。一般女性はそのまた半分で25.5%。「株式投資(国内)」「株式投資(海外)」「日本国債」となっています。

教育に対する意識について「教育にお金を惜しまない」裕福層74.8%、一般層45.0%。一般層も意識は高いのかもしれませんが、実現できる・できないに差がでるようです。同様に、化粧品関連や美容なども同様な結果ですね。

金持ち女性のタイプは5つ

おこづかい 裕福層 女性
この調査で、日本の裕福女性のタイプが5つに分かれることが分かったようです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.大和撫子タイプ

おこづかい 裕福層 女性
50歳以上が最も多く、50.0%。年金受給者で世帯純資産1億円以上が74.2%を占めているそうです。
消費意欲が低く貯蓄型ですが、安定性があるため幸せ度は抜群です。

2.人生謳歌タイプ

おこづかい 裕福層 女性
35~49歳の比率が高く、43.5%です。年収2,000万円以上が72.7%、資産1億以上は6.5%
有職者が多いので何事も積極的、エコや省エネなど社会貢献の関心が高いようです。

3.守られタイプ

おこづかい 裕福層 女性
こちらも35~49歳に多いようで60.6%と高くなっています。
大和撫子タイプに似ていますが、資産持ちよりも年収2,000万円以上の主婦が多いようです。夫が管理職や医師であることが多いとか。

4.キラキラタイプ

おこづかい 裕福層 女性
20~34歳の若年層が多く、29.9%。年収2,000万円以上が80.5%を占めています。
こちらも有職者が多く、ブランドなど、ものにこだわるタイプのようです。

5.無自覚タイプ

おこづかい 裕福層 女性
こちらも20~34歳と若い世代です。世帯資産が親の管理下であることが多いので、資産額を把握していない人が32.1%と多いのも特徴です。
親や夫が経営者であることが多いようです。

おわりに

おこづかい 裕福層 女性
月に20万円使えるとしたら、あなたは何に使いますか?もし、お金持ちになったら、あなたはどのタイプになるでしょうか。考えてみるのも、将来の資産運営に役立つかもしれませんよ。

参考
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0624-004080.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet