1試合1200万円?!甲子園に出場する高校球児たちにかかるお金

この記事の所要時間: 325

はじめに

高校野球 甲子園 お金
高校球児たちの熱い試合が繰り広げられる甲子園を毎年楽しみにされている人たちも多いのではないでしょうか。プロ野球とはちがった魅力もありファンも多いですね。
しかし、憧れの甲子園に出場するためには多額のお金がかかることをご存じですか?今回は甲子園についてお金の面からみていきましょう。

高校野球選手に必要なお金

高校野球 甲子園 お金
野球をするには、まず道具をそろえる必要があります。スパイクやバット、グローブなど他のスポーツに比べるとお金がかかります。

●高校球児1人あたりに必要な1年間に平均金額(保護者サイド)
高校野球 甲子園 お金

●部活運営費として支給される年間予算額(学校サイド)
公立校の年間予算平均額:42万600円
私立校の年間予算平均額:77万3000円

もし春や夏の甲子園に出場することになると、さらに費用がかかります。実際に試合に出場する選手だけではなく、野球部全員が甲子園球場で応援するのが一般的です。このため甲子園にいくために1校でバス数台を用意する必要があります。甲子園から遠くはなれた地域からの出場だと野球部員全員の宿泊費も必要になります。

1試合1200万円という現実

高校野球 甲子園 お金
甲子園に出場すると、大会本部からベンチ入り選手の交通費や宿泊費の一部は支給されることになっています。しかし、ベンチ外の部員の費用や応援団のバスのチャーター代や弁当代、甲子園入場料1人400円などはすべて各校の負担となります。地域や生徒数によって異なるとはいえ、甲子園で1試合戦うと1200万円かかると話す強豪校の指導者もいます。

強豪校には集金力も必要

高校野球 甲子園 お金
甲子園へ何度も出場経験のある強豪校では、甲子園へ出場が決まると同時に特別後援会を設置するなど、全職員で寄付集めに奔走をはじめます。この寄付が集まらないと生徒に高額な自己負担を強いることになります。一方で、資金集めのノウハウがない初出場校や数十年ぶりの出場を決めた学校は苦労するということです。
甲子園出場というのはとても名誉なことであり、学校だけでなく地元も歓喜にわくものですが、こんな苦労があるとは驚きですね。

実際にかかった費用実例

秋田県立大館鳳鳴高校6000万円

高校野球 甲子園 お金
2011年の甲子園センバツ大会に21世紀枠で出場した秋田県立大館鳳鳴高校は、1回戦で奈良県の天理高校に負けましたが、6000万円費やしました。
しかし、大館鳳鳴高校は創立100年を超える伝統校でOBも多い上、初出場で地元の話題を集めたこともあり、1億2000万円ものの高額の寄付金が集まったそう。

徳島県立城南高校3819万1956円

高校野球 甲子園 お金
2011年の甲子園センバツ大会に21世紀枠で出場した徳島県城南高校は、寄付として集まったのは6796万7894円で、実際に使用したのは3819万1956円でした。この3819万円の中で一番費用がかかったのは、野球部関連として1754万5224円。これは野球部の強化費・宿泊費・輸送費・用具代として費やされました。この中でも約1000万は用具代として使われています。甲子園出場決まった学校はユニフォームからスパイク、アップシューズ、ベンチコート、バッグまで用具一式買いそろえるのが普通になっているため、用具代だけでも高額になります。

おわりに

高校野球 甲子園 お金
甲子園に出場するためには、選手自身たちの用具代だけ必要というわけではありません。スタンド席で応援する応援団に費用、チケット代も必要になります。さらに、甲子園のための強化合宿も行うということになれば、強豪私立校でも1試合あたり6000万円以上を使っているのが一般的とのこと。甲子園といえば、高校生の熱い青春ドラマをみることができ爽やかなイメージもあります。その一方でこんな巨額のお金が動いているとは驚きでしたね。

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2137092738098083201
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20121211/E1355187364859.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet