冷房と除湿どっちがお得?正しく使い分けて電気代を節約しよう

この記事の所要時間: 315

はじめに

エアコン 冷房 除湿 節電 
今年の夏も猛暑が続いています。熱中症にならないためにも、エアコンはなくてはならない存在になっています。電気代を節約するためにどんな工夫をしていますか?冷房ではなく除湿を利用したり、設定温度を高くしたり…。
しかし節電しているつもりでも、実は節電になっていないこともありうることをご存知ですか?エアコンを節電するためには、冷房と除湿の違いをしっかり理解する必要があります。
さっそくみていきましょう。

「冷房」と「除湿」の違い

エアコン 冷房 除湿 節電
冷房と除湿の大きな違いは以下のとおりです。

●冷房 →「温度」を下げるための機能。
     暑い部屋から熱を追い出して、部屋を涼しくする機能です。
●除湿 →「湿度」を下げるための機能。
     じめじめした部屋から水分を追い出して、空気をサラサラにする機能です。

冷房と除湿どちらのほうが節電になるのでしょうか?その結論に入る前に、除湿機能にも種類があるのを知っていますか?まずその種類についてもみていきましょう。

「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違い

エアコン 冷房 除湿 節電
除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」があります。

●弱冷房除湿  → 温度を少し下げて除湿。
●再熱除湿とは → 温度を下げずに除湿。

弱冷房除湿は弱い冷房をかけているのと同じ効果があるので、真夏の暑い時期に利用すると良いです。一方で、再熱除湿はじめじめとした空気だけを取り除きたいときに利用すると効果的です。例えば、じめじめとした梅雨時期や夏の夜間などに使うと良いでしょう。
しかし、再熱除湿機能は部屋の空気を内部で冷やして除湿したあと、再び暖めなおしてから部屋へと送風するため、弱冷房除湿機能よりも消費電力は多くなります。

電気代が一番やすい機能は?

エアコン 冷房 除湿 節電
除湿機能に2種類があったことをふまえ、冷房と除湿どちらが節電になるのかみてみましょう。
弱冷房除湿 < 冷房 < 再熱除湿

再熱除湿は先に述べたように、冷やした空気を再びあたためてから送風するので、冷房機能よりも若干電気代がかかります。使っているエアコンによっては、節電しているつもりが実は節電になっていない可能性があります。まずは、自宅のエアコンの除湿機能がどちらの機能なのか確認しましょう。

エアコンの賢い使い方は…?

エアコン 冷房 除湿 節電
ではどのようにエアコンを使えば節電になるのでしょうか?

弱冷房除湿方式のエアコンの場合

同じ設定温度で比較すると冷房よりも除湿のほうが若干電気代は安くなりますが、風速は常に微風に固定されます。このため外気温や室温が高い場合は、部屋がなかなか涼しくならず快適に過ごせません。そこで、まず冷房で室温を一旦下げてから除湿に切り替えると良いでしょう。

再熱除湿方式のエアコンの場合

湿度が低いと体感温度が下がり、より涼しさを感じることができます。そこで除湿を使う場合は、設定温度を高めにすると良いでしょう。設定温度を高めに設定すれば、結果的に冷房機能を使っているときの電気代との差が少なくなるので節電になります。

おわりに

エアコン 冷房 除湿 節電
いかがだったでしょうか。エアコンの種類によっては除湿のほうが冷房よりも電気代がかかるとは驚きでした。暑い夏もエアコンを賢く使って、節電しながら乗り切りましょう。

参考HP
「NOTEPRESS」http://visualshoxxx.com/44.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet