「お盆玉」って?子どもにうれしいお盆休みの新しい習慣とは

この記事の所要時間: 227

はじめに

お盆玉 お小遣い こども

もうすぐお盆休みですね。遠くの故郷へ帰省して、久しぶりに家族が集まるいい機会でもあります。久しぶりに会った孫には、ついついお小遣いあげてしまう人もいるのでは?そのお小遣いが新しい習慣「お盆玉」として定着しつつあるそうです。
今回はその「お盆玉」についていろいろ調べてみました。

「お盆玉」ってそもそもなに?

お盆玉 お小遣い こども
お盆玉というのは、お盆休みに帰省してきた孫や親戚などに渡すお小遣いのことです。東北の山形地方で奉公人にお盆お小遣いをあげる風習が江戸時代からありました。当時は衣服や下駄をおくっていましたが、昭和初期頃からお小遣いをあげるようになったそう。その風習を山梨県にある「マルアイ」という会社が「お盆玉」という言葉をつくり、夏の風物詩のひとつとしてお盆玉の専用のポチ袋をつくったことから始まったとのことです。今では郵便局や百貨店でもお盆玉専用のポチ袋を販売するようになり、定番化されてきました。

お盆玉の相場っていくらぐらい?

お盆玉 お小遣い こども
お金をもらえる子どもにはうれしい習慣ですが、大人としてはいくら包めばいいのか悩むところですよね。一般的な相場としては以下のとおりです。

  • 小学生以下 1,000~3,000円
  • 中学生   3,000~5,000円
  • 高校生   5,000~10,000円

お年玉と同額、もしくは少し少ないぐらいでしょうか。
お年玉のときにもらった金額を渡すなど、親戚双方で金額をあらかじめ決めておくというのもいいですね。また翌年の春に小学校入学する子どもがいれば、お盆玉をランドセル購入に充てるという人も多いようです

どんなポチ袋があるの?

お年玉のポチ袋とはちがって、夏らしい絵柄のものが多く、かわいらしいものが販売されています。その中からほんの一部とりあげてみました。
お盆玉 お小遣い こども
「おぼんだま」と書かれていて、夏らしい柄ですよね。
 
お盆玉 お小遣い こども
こちらは立体的なモチーフが貼られ、とてもかわいらしいです。
 
お盆玉 お小遣い こども
あげる孫に対してのメッセージとしてもいいですよね。
 
お盆玉 お小遣い こども
お盆玉としてではなく、何かお手伝いしてくれたときのお小遣いとして渡すというのもいいですね。

おわりに

お盆玉 お小遣い こども
お盆玉は子どもにはとてもうれしい習慣ではありますが、大人にとっては負担が増えて困る…と考える人もいるでしょう。お年玉とはちがって、お盆玉は2010年ごろにできた新しい習慣です。今までお小遣いをあげるという習慣がなかったのに、今年から…と無理に取り入れる必要もありません。遊びに来てくれた孫や親戚たちのために、ちょっとした夏のイベントとしていかがでしょうか?

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2143484657379559401?&page=2
http://tashikameyo.com/514.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet