キッチンで野菜が栽培できる!手軽にはじめられる再生野菜

はじめに

野菜 再生 栽培 キッチン
野菜って毎日摂りたい食品ですよね。しかし、スーパーで毎日買おうとすると結構お金がかかってしまいます。自分で野菜を栽培したほうが安くつきますが、野菜苗を植える場所もいるし、手間がかかるし…とあきらめていませんか?そこでおすすめなのが「再生野菜」です。今回は「再生野菜」について紹介しましょう。

再生野菜って?

野菜 再生 栽培 キッチン

再生野菜とは、スーパーで購入した野菜の根を捨てずに栽培し、そこから食べられる部分を再生させたものです。本来ゴミ箱に捨ててしまう部分を利用して栽培するので、新たに種や苗を買わずにすみます。
そのうえ、再生野菜を水だけで栽培すれば土も必要ありません。家にあるお皿やコップ、瓶・空き缶、ペットボトルなどどんな容器でも栽培できます。

再生野菜は場所をとらないので小さな台所でも栽培でき、おしゃれな容器で育てるとインテリアとして楽しむことも!
元手かけずに野菜を育てるので、食費節約にもなりますよね。

再生野菜に適した野菜は…。

野菜 再生 栽培 キッチン

葉物野菜
○コマツナ ○チンゲンサイ ○モロヘイヤ ○ミズナ ○セリ ○ミツバ ○クレソン ○豆苗
キャベツ ブロッコリー 白菜など
薬味野菜
○ネギ ○ニンニク
ワサビ ショウガなど
根菜
○大根 ○ニンジン
カブ ゴボウ 山芋など

○印がついている野菜は、水耕栽培にむいている野菜です。

プランターや庭に直接野菜の根の部分を植えるとたくさん収穫できますが、手軽にはじめるのならば水耕栽培に適した野菜が良いでしょう。

基本的な栽培方法

野菜 再生 栽培 キッチン
水耕栽培の栽培方法はとてもシンプルです。再生野菜の根本や成長点となるヘタの部分を捨てずに置いておきます。ネギやミズナなどは根元から3~5cm上でカット、ニンジンやダイコンなどはヘタの部分を2~3cm残してカットします。コマツナなどの葉物は、内側の新芽の部分を4~5枚残しておくといいでしょう。
再生野菜の成功の秘訣は、根元やヘタの部分を余裕もって残しておくことです。

 
野菜 再生 栽培 キッチン
切り取った根元やヘタをキレイに洗った容器に入れて、根や切り口が浸る程度に水を入れます。野菜が水につかりすぎると腐りやすいので注意しましょう。水は毎日かえるようにします。夏場は水が腐りやすいので、1日2回かえたほうがいいでしょう。
水をかえる際は、容器や野菜のヌメリを洗い流すと腐りにくくなります。

 
野菜 再生 栽培 キッチン
収穫までかかる期間は早くて1~2週間ほど。日当たりの良い窓際において、カーテン越しの日光にあててあげるとよく育ちます。

 

菌やカビには注意!

野菜 再生 栽培 キッチン

再生栽培で気をつけたいのが菌の繁殖。カビがはえたら「もったいない」と思わず、思い切って捨てましょう。失敗しても元手がゼロなので、気軽にトライしてみてください。

また、収穫した野菜は衛生管理ができているわけではありません。できれば生では食べずに、火を通して食べるようにしてくださいね。
 

再生野菜を飾ろう!

野菜 再生 栽培 キッチン

再生野菜も容器を工夫すると、こんなにおしゃれなインテリアになっちゃいます!
緑のあるキッチンってステキですよね。育てるだけでなく、見た目も楽しみましょう。

おわりに

野菜 再生 栽培 キッチン

今回は再生野菜の中でも水栽培について詳しく紹介しましたが、いかがでしたか。水栽培である程度大きくなった後プランターへ植えてもいいですよ。お子さんと一緒に取り組めば、根やヘタから育っていく野菜を見ることで食育にもなります。気軽に試してみてくださいね。

参考HP
https://enechange.jp/articles/saving_reborn