エアコンなしでもOK?扇風機だけで部屋を涼しくする5つのポイント

はじめに

1506N-AC02
じりじりと暑い夏が目前に迫っています。夏はエアコンがないと乗り越えられない、けれども電気代が心配…という方も多いのではないでしょうか。
今回はエアコンではなく、扇風機だけでも部屋を涼しくするポイント、5つを紹介しましょう。

扇風機はエアコンを使うよりも経済的!

扇風機 涼しく 使い方
一般家庭用の扇風機の電気代は、首振り機能や強風を使用した場合、多く見ても1ヶ月500円程度といわれています。扇風機はエアコンよりも電気代を気にすることなく使えます。扇風機だけで涼しく快適に過ごせたなら、エアコンの出番も減り電気代も節約することができますね。それでは、扇風機を最大限に利用する方法をみていきましょう。

① 涼しい空気を室内へ送り込む

扇風機 涼しく 使い方
扇風機で部屋を涼しくするためには、置く場所が大事なポイントです。
夜中や早朝といった時間帯は外気温が室温よりも低い場合があります。そのようなときは、扇風機を開けた窓の前に置き、涼しい外気を部屋の中へ入れるようにします。

また、部屋の対角線上を風が通るように窓を開けると、最も風通しがよいとされます。その風の通り道に扇風機を置くと、部屋を効率的に涼しくすることができます。

② たらいに氷水をいれて扇風機の前に置く

扇風機 涼しく 使い方
洗面器のような浅い容器に氷をいっぱい入れて、扇風機の前に置きます。すると水分が蒸発するときに周辺の熱を吸収する「気化熱」によって、温度が低くなります。そのひんやりとした空気を扇風機が風にのせてくれるので、まるでエアコンをつけたかのように涼しくなります。

扇風機 涼しく 使い方
氷も、2Lペットボトルに水を入れたものを凍らせて使用するのも便利です。

扇風機 涼しく 使い方
氷を用意するのが面倒くさいという人には、扇風機にとりつける保冷剤のようなものも販売されているので試してみてはいかがでしょうか?

③ 急ぐときは扇風機を窓の外へ向ける

扇風機 涼しく 使い方
部屋を涼しくしたいのならば室内へ向けたほうがよさそうですが、違います。扇風機を窓の外へ向けて回すことで、部屋にこもった蒸し暑い空気を外へ吐き出してくれます。そうすると、外の冷たい空気が代わりに室内へはいってくるのです。部屋の中が暑くなるのは、昼間の熱を溜め込み、空気の流れが悪くなっているということなので、外の空気を取り込むようにするとちゃんと涼しくなります。

④ 寝るときは風を体に直接あてない

扇風機 涼しく 使い方
睡眠中は体に直接風があたらないように扇風機を調節しましょう。足元に扇風機を置き、風を体のほうへ向けるのではなく反対側の壁に向けるようにします。壁にあたった風がやさしいそよ風となるので、体のあら熱をとってくれます。

⑤ 天井付近の換気をこまめに行う

扇風機 涼しく 使い方
熱い空気は天井付近に留まり、部屋の平均気温を押し上げます。そのため、扇風機を上に向けて天井付近の空気を足元の空気をかき混ぜるようにします。熱い空気と涼しい空気をかきまぜるので、最初は室温があがったように感じるかもしれません。しかし、気流が生まれると効果的に熱い空気を追い出すことができるので、結果的に部屋は涼しくなります。

おわりに

扇風機 涼しく 使い方
いかがでしょうか?熱中症にならないためにはエアコンは使う必要もありますが、扇風機だけでも部屋を十分涼しくすることもできます。
今年の夏も節電を意識しながら、快適に過ごせるように工夫をしていきましょう。

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2140425796093898601?&page=1