入れるだけで殺菌!美味しく健康♪夏のお弁当レシピまとめ

この記事の所要時間: 347

はじめに

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
夏です!行楽など、楽しいイベントもたくさんですね。
しかし、猛暑が続く夏。頭を悩ませるのが「食中毒」です。
あのおかず、ダメにならないかな…傷んでしまわないかな…と、せっかく美味しいお弁当を作っても、心配しながら食べるのは嫌ですよね。
今回は食中毒を防ぐポイントと夏のお弁当に適したおかずをご紹介します。

食中毒に注意

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
食中毒は、十分に加熱されないまま作られた料理や、高温・高多湿が主な原因です。
特に、お肉、お魚、たまご料理には特に気を付けてください。
食中毒の起る目安は、温度36℃、湿度60%以上の環境が一番危険といわれています。
やはり、蒸し暑くジメジメしている夏場に多く発生し、特に 日中の気温が25℃を越え湿度も上がってくる5月〜9月は、特に食中毒に注意が必要となります。

食中毒を防ぐには?

まずは除菌!

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
新鮮な食材を選び、食中毒の原因になるような菌を寄せ付けないことが第一です。
生のお肉、お魚を常温放置しておくと菌が増殖し、危険性が高まりますので、買い物の際には保冷パックなどを使うのも効果的です。

また、調理の際には手洗いを徹底し、調理器具(まな板や包丁、その他全般)を常に清潔に保つようにしましょう。
例えば、お肉やお魚を調理する時と、野菜を調理する時は別の器具を使うのはとても効果的です。

まな板を分けることは普段の料理でもとても便利です。
特に肉魚類を調理する時は、牛乳パックを開いてまな板代わりにするととても衛生的!
その都度牛乳パックを処分すれば無駄な洗い物や菌の繁殖も防げます。

加熱で殺菌!

そして、加熱調理は十分に行いましょう。
75度以上の熱で1分以上加熱すると、食中毒菌はほとんど死滅するといわれています。
お弁当のふたは、中身が「完全に冷めてから」しましょう。
おかずやご飯の熱が発する水蒸気でお弁当箱内の湿度が上がり、傷みやすくなります。

また、持ち運ぶときは保冷剤も一緒に入れてあげましょう。

美味しく殺菌!

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
殺菌作用のある食べ物といえば、梅干しが有名です。
梅干しのクエン酸がお弁当箱内の殺菌を行ってくれるので、ご飯に梅干しは理にかなった組み合わせなのです。

梅干しのほかに

  • お酢
  • 生姜
  • 大葉(シソ)
  • カレー粉

も殺菌効果があります。

夏にピッタリのお弁当レシピ

美味しくて殺菌作用のあるお弁当のおかずをご紹介します。
夏場のお弁当の参考にしてくださいね!

タンドリーチキン

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎カレー粉・生姜
(出典:http://cookpad.com/recipe/2713215

油淋鶏

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎お酢
(出典:http://cookpad.com/recipe/1983140

ゆかり酢ごはん

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎お酢、ゆかり(シソ)
(出典:http://cookpad.com/recipe/2588672

大葉つくね巻

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎大葉
(出典:http://cookpad.com/recipe/2874962

人参と新生姜のきんぴら

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎生姜
(出典:http://cookpad.com/recipe/3218218

チーちく海苔巻

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎青シソ
(出典:http://cookpad.com/recipe/1826794

酢ゴボウ

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎お酢
(出典:http://cookpad.com/recipe/2735884

冷凍フルーツ等

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
(出典:http://cookpad.com/recipe/1493466

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
(出典:http://cookpad.com/recipe/1227646

フローズン寒天

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎保冷剤代わりに
(出典:http://cookpad.com/recipe/1083949

寒天ゼリー

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
◎保冷剤代わりに
(出典:http://cookpad.com/recipe/1811791

おわりに

弁当 夏 殺菌 食中毒 レシピ
ちょっとした工夫で夏場のお弁当も安心して食べられます。
美味しく安全に!この夏も元気に乗り切りましょうね♪

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet