あなたは平均?サラリーマンのお小遣い事情を覗いてみる

この記事の所要時間: 341

はじめに

サラリーマン お小遣い
みなさん、月々のお小遣いはどれくらいありますか?また同僚や他の方は、どのくらいお小遣いを持っているのか気になりませんか。世間のお小遣い事情を覗いてみましょう。

「サラリーマンラボ」

サラリーマン お小遣い
新生銀行が運営しているサイト「サラリーマンラボ」の、「サラリーマンのお小遣い調査2014」をみていきます。この調査は、1979年から毎年行われています。

2014年のお小遣いはワースト4

サラリーマン お小遣い
男性サラリーマンの2014年の平均お小遣い額は、39,572円でした。前年比1,115円で、2年ぶりに上昇しています。「アベノミクス」の金融政策によって、わずかながらインフレ傾向にあるため、お小遣い額も回復傾向にあるようです。

それでも、30年以上にわたる調査結果から、過去4番目に低い金額となっています。

若者はやりくりが大変?

サラリーマン お小遣い
http://www.shinseibank.com/cfsg/questionnaire/archive/pdf/2014/2014_report.pdf
サラリーマンラボより

年代別にみてみると、40代・50代の男性が4万円を超えています。一方20代男性は2007年からずっと減少し続けているようで、平均に達していません。ちなみに今年から調査が始まった女性会社員は、36,712円という結果になりました。若い人はやりくりも大変なようです。

何回飲みに行く?

サラリーマン お小遣い
1回の飲み代の平均額は3,483円で、前年比9円とわずかですが増えています。1ヶ月の飲み会の回数は2.4回という結果。

1ヶ月の飲み代をトータルにすると、平均8,459円。前年と比べると770円の増加です。

昼食代はワンコイン+消費税分

サラリーマン お小遣い
http://www.shinseibank.com/cfsg/questionnaire/archive/pdf/2014/2014_report.pdf
サラリーマンラボより

次に昼食代をみてみます。1回の平均が541円、前年比で23円増えているということです。ですが昼食の内訳をみると、「持参弁当」32.5%、「購入した弁当」23.9%、「外食」18.8%で、持参している人は増加傾向にあるようです。

若者はポジティブ

サラリーマン お小遣い
実は、ここでも20代男性は平均に届いておらず499円という結果。それでも、「あなたは今の昼食に満足していますか?」という質問に肯定的で、71.5%と高い数値だとか。その理由には、「自分でつくれば一番お金もかからないし、健康管理ができる」「昼食にはあまり関心がないので、手軽に食べられるおにぎりを持参」など、手作りで割安に済ませられることが満足度につながっているようですね。

お小遣いの使い道とやりくり

サラリーマン お小遣い
男性会社員のお小遣いの使い道は、トップが「昼食代」51.4%、次に「飲み代」34.8%、「趣味の費用」32.3%と続いています。

年代別にみると「昼食代」以外はお小遣いの使い道にばらつきがあり、世代が高くなると「飲み代」も高くなります。20代、30代男性は「携帯電話」、女性会社員の場合は身だしなみやファッションにお金をかけているようです。

足りないときは我慢!

1506-pin money09
次に、お小遣いが足りないときはどうするか聞いたところ、「我慢する」が1位で68%、「預貯金を取り崩す」25.2%、「家計から捻出する」17.2%でした。確かに、ないのであれば我慢するしかありませんよね。

でも株などの投資、ネットオークションでの売買など、副収入を得ている人が若い世代を中心に増えています。

おわりに

サラリーマン お小遣い
2014年は、2008年から減少し続けてきた「昇給あり」という回答が増加に転じたそうです。経済産業省の調査でも、ベースアップを実施した東証一部上場企業で回答した企業の7割が、「6年以上ぶり」と答えています。

とはいえ、お小遣いは「現状維持」、または「減少」している人も少なくありません。必ずしも昇級とお小遣いは比例しないようですね。消費税への負担が影響しているのも理由のひとつ。

仕事も大変ですが、プライベートでのやりくりも大変ですね。みなさん、頑張ってください!

参考
http://www.shinseibank.com/cfsg/questionnaire/archive/pdf/2014/2014_report.pdf

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet