家賃を払うのはもったいない?こんなに違う男女の金銭感覚

この記事の所要時間: 334

はじめに

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
みなさん、恋人やパートナーの家賃やお金の使い方、気になりますか?結婚を考えているならなおのこと。

金銭感覚は人それぞれですが、男女間でもかなり違いがあるようです。一緒に生活するのは難しいもの。みなさんも、パートナーがどんなふうに考えているのかみていきましょう。

あなどれない金銭感覚の不一致

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
ミサワホーム株式会社・株式会社IBJが共同で行っている婚活サポートコンソーシアムのリサーチをみてみましょう。
http://konkatsu-support.jp/report/pdf/20150528_ksc_misawa.pdf

「結婚後の暮らしで我慢できること」を調査したところ、趣味の違いや習慣の違い、通勤時間などが挙げられますね。いちばん譲歩できないのは、やっぱり「金銭感覚が合わない」ことのようです。

パートナーが感じている「家賃」への不満?

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
株式会社レオパレス21 「住み替えに関する実態調査」より(PRTIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000005429.html

次に株式会社レオパレス21が行った調査をみてみます。恋人、パートナーが住んでいる部屋の家賃についてどう感じているか調査したところ、「仮住まいなので、家賃は安い方が良い」という考え方は、男性で9.7%、女性で10.9%と、大きな差はみられません。また、「家賃を抑えてデートや旅行にお金をかけて欲しい」も男性11.7%、女性13.2%と同じくらいですね。

今の暮らし?これからの暮らし?

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
ところが、一番多い回答を見てみると、「毎日生活する部屋だから、家賃は多少高くてもやむを得ない」とする男性(31.1%)に対し、「家賃を抑えて貯蓄に回して欲しい」女性(25.6%)が多いようです。男性は「現在」を考え、女性は「将来」を考えているということでしょうか。

パートナーのお金の使い方に不満?

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
株式会社レオパレス21 「住み替えに関する実態調査」より(PRTIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000005429.html

同リサーチで、「恋人、パートナーの金銭感覚のギャップを感じるのはどんなときか」を調査した結果、女性は「貯金が少ないと知ったとき」が31.1%、「使っていない家電をつけっぱなしにするとき」が35.7%です。

それに対し男性は、「(パートナーが)頻繁に衝動買いする」が最も多く33.0%、「何でもブランド品でないと気が済まない」32.7%。ここでも男性と女性の視点・観点の違いがみられますね。

家賃の値段は収入の3割

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
月々の家賃について質問したところ、割合は毎月の収入の27%。平均は「手取りの3割」と言われているので、皆さん堅実な生活をされているようです。

もっと貯金したい!

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
株式会社レオパレス21 「住み替えに関する実態調査」より(PRTIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000005429.html

ただ現実には「もっと家賃を抑えたい」と思っている方が多いようで、「家賃を抑えて貯蓄に回したい」が42%と最も多い結果に。「趣味やファッションにお金をかけたい」人20%を合わせると、60%以上の人が家賃をもっと抑えたいと思っているようですね。

結婚後の「持ち家」が貯蓄の理由?

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
http://konkatsu-support.jp/report/pdf/20150528_ksc_misawa.pdf

もう一度婚活サポートコンソーシアムの調査をみてみると、結婚当初の住まいは「賃貸」、結婚3年後に実現できそうな住まいが「持ち家」と考えている女性がとても多いことが分かります。貯蓄をしたい理由も、この辺に夢があるのでしょうか。

おわりに

家賃 貯蓄 金銭感覚 男女
男性と女性の経済観念は、ずいぶん違うようですね。皆さんも恋人にギャップを感じることがあるのでは。

でも恋人がお互いのギャップにやきもきするのは、この先も一緒にやっていく意思があるということ。そのことを、忘れないでくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet