地方創生サービスがアツい!注目のふるさと納税・旅行券をチェック!

この記事の所要時間: 323

はじめに

ふるさと納税 ふるさと旅行券
2015年4月1日より、ふるさと納税の税制が改正されました。また、夏休みの地方旅行に向けて、企業ではお得なサービスを打ち出しています。
さらにお得になった地方創生サービスについてみていきましょう。

国の取り組み「ふるさと納税」

ふるさと納税 ふるさと旅行券
ふるさと納税は、好きな自治体に寄付をすることで、確定申告の際住民税の一部が控除される上、寄付のお礼として各自治体から特産品などをもらえる、お得なシステムです。地方活性化のための取り組みとして、すでに浸透している制度ですね。

控除額が2倍に拡大!

ふるさと納税 ふるさと旅行券
今までは、住民税のおよそ1割が還元されていましたが、2015年4月から控除額が2割程度、拡大しました。

控除金額は年収や家族構成によっても違いますが、例えばご夫婦共働きでお子さんが1人(中学生以下)、年収400万円とすると、4万円の寄付で翌年の住民税から38000円が控除されることになります。しかも実質負担2000円で、自治体からのお礼品ももらえるのです。
http://www.cspresse.net/campaign/furusato1505/

確定申告が不要!

ふるさと納税 ふるさと旅行券
年間に5自治体までの寄付であれば、確定申告は不要です。各自治体に確定申告に変わる申請書を郵送しましょう。

給与所得者以外の方は、確定申告が必要です。

「ふるさと納税」はセゾンカード・UCカードがオススメ!

ふるさと納税 ふるさと旅行券
株式会社クレディセゾンでは、2015年5月17日から9月30日まで、セゾンカード・UCカード会員にふるさと納税のキャンペーンをしています。

期間中に、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」でふるさと納税を申し込んで、「Yahoo!公金支払い」でカードを利用すると、抽選で200名に「永久不滅ポイント」500ポイントがプレゼントされます。なかなか見逃せない特典ですね。
http://www.cspresse.net/campaign/furusato1505/

企業の取り組み「ふるさと旅行券」

楽天トラベル「ふるさと旅行券」

ふるさと納税 ふるさと旅行券
楽天株式会社が運営する旅行予約サービスサイト「楽天トラベル」は、「ふるさと割トラベルクーポン2015」を展開しています。

「ふるさと旅行券」は、地域の観光資源の消費を促進するため、購入者へ助成するサービスです。各自治体が「ふるさと旅行券」を発行して、本来の価格から割引されたサービスを受けられます。「ふるさと旅行券」を取得にするには、コンビニなどで行う「店舗発券型」とネットで取得する「ウェブクーポン型」があります。

注意したいのは、「ウェブクーポン型」は獲得したら、「利用」して「予約を完了」しなければいけないことです。利用する前にクーポンが制限利用枚数に達した場合、利用できなくなる可能性があるのです。獲得したからといって安心していると、知らない間に売り切れて使用できない、ということもあります。
http://travel.rakuten.co.jp/movement/coupon/

早めの予約がオススメ!

ふるさと納税 ふるさと旅行券
この「ふるさと旅行券」を利用した楽天の「ふるさと割トラベルクーポン2015」、サービス開始から1ヶ月で早くも岐阜県が完売になっています。また、北海道網走市、広島県、徳島県、大分県、熊本県などは、クーポンの制限利用枚数に達しているそうです。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000005889.html

ふるさと割クーポンを発行していない地域からの旅行者が特に多くなっているようですよ。

おわりに

ふるさと納税 ふるさと旅行券
ふるさと納税は、生まれ故郷でなくとも寄付ができ、納税の使い道も選べるシステムでもあります。遠くにいる人達からたくさんの支援を受けることは、地域の人々の大きな活力になるはず。

あなたの善意が税金の控除という形で帰ってくる、地域活性にもつながるのです。ぜひみなさんも、寄付や旅行で、第2第3のふるさとをみつけてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet