東京は世界一安い!?各国ディズニーのパスポート事情を徹底比較

この記事の所要時間: 427

はじめに

ディズニー 価格 比較
2015年4月1日に東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの1デーパスポートが従来の価格より500円値上げし、6,900円になりました。数年前に比べるとぐーんと高くなったイメージがありますよね。でも、数あるディズニーリゾートの中で、東京ディズニーリゾートは世界一安いということをご存知ですか??
海外からの観光客の中には、東京ディズニーリゾートを目的として訪れる人もいるそうです。
今回は東京ディズニーリゾートと世界のディズニーリゾートのパスポートについて紹介したいと思います。

1デーパスポートの価格

ディズニー 価格 比較
ディズニー 価格 比較

*円換算は2015年1月29日の為替相場をもとに計算されています。
**+6.44、+6.11米ドルというのは税金のことです。

円安の影響もありますが、世界的にみると東京ディズニーリゾートが最も安いということがわかります。

年間パスポートの価格と受けられるサービス

ディズニー 価格 比較

*円換算は2015年1月29日の為替相場をもとに計算されています。

1デーパスとは違い、年間パスだと東京ディズニーリゾートは少し割高に思えますね。
また、東京ディズニーリゾートの年間パスに比べると他国の年間パスで受けられるサービスは充実しているそうです。
では、どんなサービスがあるのか見ていきましょう。

ディズニーランド・リゾート(カリフォルニア州アナハイム)

ディズニー パスポート 金額 世界
プレミアムにはパスポートを利用できない除外日がありませんが、デラックスには除外日が設けられています。ディズニーランド・リゾートにはディズニーランドパークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパークという二つのテーマパークがありますが、プレミアムもデラックスも同じ日に2つのパークへ入園可能です。

また、プレミアムとデラックスで若干の違いはあるものの、ショップやレストランの割引サービスもあります。プレミアムでは駐車料金が無料になるうえ、更新する場合は通常価格よりも安く購入することもできます。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州オーランド)

ディズニー 価格 比較

プレミアム・デラックスともに除外日はありません。ウォルト・ディズニー・ワールドには、「マジックキングダム」「ディズニーアニマルキングダム」「ディズニーハリウッドスタジオ」そして「Epcot」の4つのテーマパークがありますが、こちらも同じ日に4つのパークへ入園できます。

また、プレミアムとデラックスで若干の差はありますが、ショップやレストランの割引サービスは受けられます。駐車料金は共に無料、プレミアムの場合は2つのウォーターパークなどにも入園できます。更新する場合は通常価格よりも安く買うこともできます。

ディズニー・プレミア・パスポート

ディズニー 価格 比較
これは先に述べたカリフォルニアにある2つのテーマパーク、フロリダにある4つのテーマパークそして2つのウォーターパークなどに1年間自由に入園できるというパスポートです。価格は3歳以上共通で1,029ドル(税別)で高いのですが、ディズニーランド・リゾート、ウォルト・ディズニー・ワールドを自由に行き来できると思えば、そんなに高くないのではないでしょうか。
特典として、除外日はなし、駐車料金無料サービス、ショップ・レストラン・ホテル宿泊料などの割引サービスなどがあります。

ディズニーランド・パリ(フランス)

ディズニー 価格 比較
ドリームは除外日なし、ファンタジーとフランシリアンには除外日がそれぞれ設けられています。3つのパスに共通しているのは、ショップやレストラン、ホテルの宿泊料金の割引サービスが受けられることです。このほか、ファンタジーとドリームには駐車料金が無料になるサービスもあります。

香港ディズニーランド(中国)

ディズニー 価格 比較
プラチナ以外には除外日が設けられています。
香港ディズニーランドの年間パスには、通常規定の時間までに1人1枚までしか発行できない「ファストパス」がゴールドでは最大2枚まで、プラチナは最大3枚まで同時に受けられるという特長があります。また、ランクによってショーの優先入場サービス、レストランやショップの割引、駐車料金の無料サービス、誕生日サービス、さらにホテルの宿泊料金やホテル内のレストランの割引サービスまでついていたりします。
プラチナでは、最大6枚まで10%引きで1デーパスポートを購入でき、専用のホットラインで問い合わせすることも可能です。

おわりに

ディズニー 価格 比較
日本の東京ディズニーリゾートは、確かに1デーパスポートが最安値です。しかし、年間パスポートで比較すると、価格のみならず他国の年間パスで受けられるサービスの充実振りに驚かされました。
また、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドの1デーパスは1万円以上と高額なものでしたが、ファンタジーランドの開発があったというのも影響しているそうです。東京ディズニーリゾートも2017年4月以降に大規模なリニューアルを導入することを発表しています。その資金に当てるために、パスポートの値上げにふみきったのかもしれませんね。

参考HP
http://ure.pia.co.jp/articles/-/30590

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet