ガス代節約は、プロパンガスと都市ガスどちらが安い?契約交渉が大事

はじめに

寒い冬、たっぷりお湯をはったお風呂が欠かせない季節。
ガス代が跳ね上がる季節でもあります。
ガスだけでなく、暖房費もかかる時期なので、少しでもガス代を節約したいところです。

ガス代節約

ガスの勉強

ガス代節約

まずはガスのことを知りましょう。
お宅のガスは都市ガスですか?それともプロパンガスですか?
都市ガスは、東京ガス・大阪ガスといったものになり、地下にあるガス管を通じて家庭に供給されます。
プロパンガスはガスの入ったボンベを家庭に配置してもらいます。

ガス代節約

供給方法だけでなく、ガス代も違ってきます。
まず、都市ガスは電気と同じ公共料金となり、ガスの価格は事業者が勝手に決めることはできません。
それに対してプロパンガスは販売店に任された自由料金となっています。

プロパンガスの方が都市ガスに比べ2倍ほど熱量は高いのですが、それを考慮しても、一般的に都市ガスの方がガス代は安いといわれています。
一人暮らしで賃貸物件を探す場合、家賃5000円くらいの差であるならば都市ガスの物件にした方が良い、現在プロパンガスならば都市ガスの物件に引っ越した方が良いという話もあります。
ですので、都市ガスかプロパンガスのどちらかを選べる状況でしたら、都市ガスを選んだ方がガス代の節約になります。

ガス代の節約から都市ガスを選びたい!でも・・・

ガス管が通っていない地域、プロパンガスの賃貸物件が多い地域、さまざまな事情ですぐに都市ガス物件に引っ越しできない等、「プロパンガスだけ」というケースもあります。

では、プロパンガスでどのように節約していくか。
ここで、先にも書いた自由競争価格に着目します。
すでにプロパンガス利用の場合、今のガス代が適正かどうか、請求書から判断してみましょう。
(使用料金オンライン診断はこちら

適正でなかった場合、現在契約している販売店、もしくは新たに契約する販売店と交渉するわけですが、こちらが「ガス代の適正価格を知っている」ということをアピールしながらだと話を良い方向に持っていけるかもしれません。
(プロパンガス販売店の選び方・交渉等のポイントはこちら

ガス代節約

ただし、あまりに安いガス販売店も要注意です。
契約時の最初だけ安い、格安セールスの罠というものがあります。
自由価格設定なので原油高騰に応じてガス代を上げるのですが、その上げ方が適正でない、原油が下がっても適正に下げない等です。
これではガス代の節約にはなりません。
格安料金のからくりとは )

「適正な範囲内」を忘れずにガス代の節約に努めましょう。

最後に

さあ、いかがだったでしょうか?
みなさまのガス代節約に少しでも貢献できれば幸いです。