「味噌玉」って知ってる?可愛い・簡単・便利な手作り保存食

この記事の所要時間: 248

はじめに

味噌玉 作り方 レシピ
毎日の食卓に欠かせないのが「味噌汁」は、日本人の心ですよね。
その香りをかぐだけでホッとする、一口すすると心にしみる…。疲れも吹き飛びます。

朝昼晩問わずいただきたいお味噌汁ですが、実は作るのが結構な手間でもありますよね。
だしを取るところから始める人もいますし、具材を切って煮込んで味噌を溶かして…と、結構面倒。
失敗すると本当に不味いんですよね…。

ついついインスタントでいいや、とあきらめている人のために、「味噌玉」をご紹介します。

急上昇株!味噌玉

味噌玉 作り方 レシピ
上のお写真、スープとチョコレート?と思う方もいると思います。
いえいえ、実はお味噌汁と、近頃注目株の「味噌玉」なんです。

見た目も可愛い味噌玉ですが、これが本当に便利!何が便利かというと…

  • 1食分ごとに分けて長期保存が可能
  • お椀にポンでお湯を注ぐだけ
  • 好きな具材と一緒に混ぜ込める
  • 持ち運べていつでも家の味噌汁の味が楽しめる
  • 1食に換算するとたった数円
  • インスタントより塩分控えめでとても健康的

いかがですか?どれも魅力的ですよね。
では、実際にどのように作るのでしょうか?

味噌玉の作り方

味噌玉 作り方 レシピ

  1. お好きな具材を用意します。
    ねぎ、わかめ(乾燥したままでOK)、おあげ、とろろ昆布、きのこなどがおすすめです。
  2. 具材を切るなど下ごしらえをします。
  3. みそと具材、そしてほんだしやかつお節などのだしを合わせて混ぜ合わせます。
  4. 最後に、大さじ1弱ずつ小分けにし、ラップに包めばOK!
1食分の味噌はだいたい大さじ1弱です

冷凍保存もできますので、具材ごとに余分に作っておくのもいいですね。
味噌玉をガスなどで軽くあぶって焦げ目をつけると、より香ばしくおいしくなります。

食べるときは、味噌玉をお椀に入れてお湯を注ぐだけなので簡単です。
お弁当のおともに1個持っていくと、ちょっと特別感があるかもしれませんね♪
時間がないときでも、本格味噌汁が手軽にできます。

味噌玉を使ったレシピ

味噌玉は、味噌汁としていただく以外にもいろいろなアレンジができます。
ちょっと覗いてみましょう。

たまごかけご飯

味噌玉 作り方 レシピ
(出典:https://www.tablemark.co.jp/recipe/rice/detail/0013.html

ご飯が止まらなくなりそうですね!!
栄養価もばっちりです。

アレンジ味噌玉の油そば

味噌玉 作り方 レシピ
(出典:http://www.ramensoup-tare.com/recipe/products/detail.php?product_id=579

サバ缶をミンチ状にし、味噌と合わせたアレンジ味噌玉を使います。
これはいろいろ使えそうですね!

このほかにも、味噌玉にご飯を入れて「かんたん猫まんま」や、食パンに塗ってその上にのりやチーズなどをふりかけた「味噌トースト」、素麺やうどんをつかったものなど、色々お好きにアレンジできます。

ぜひお好みの味噌玉レシピを開発してみてはいかがでしょうか?

おわりに

味噌玉 作り方 レシピ
味噌玉、いかがでしたか?
まるめて瓶などに入れて保存しておくと、とっても可愛いですよ。
ぜひ脱インスタント食品!簡単手軽な味噌玉を試してみてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet