スマホ依存症は死に繋がる?!無料でスマホ依存症チェックを受けよう!

この記事の所要時間: 252

はじめに

shutterstock_141316075
年々増え続けるスマホ依存は深刻な社会問題にもなりつつあります。LINE中毒やSNS中毒などのニュースなどで目立つのは中高生ですね。しかし、多くの世代に普及されたスマホの依存は、意外と主婦や社会人にも多いもの。
今回は、「スマホ依存症にはどんな恐怖があるのか」や「無料で簡単にスマホへの依存度をチェックする方法」をご紹介します。

スマホ依存症の恐怖

noooo_-smartphone-addiction-e1425806985202

死へ繋がる

スマホから目が離せず、歩きながらスマホをいじって注意力散漫になると、事故につながります。転んだり、車の接近に気付かなかったり、不慮の事故で誰かを傷つけてしまう可能性があります。
また、2011年度首都圏での駅のホームから転落する事故は約3000件あり、このなかの20件近くが携帯電話の使用が原因だったそうです。

睡眠障害

スマホ依存症になるとスマホを使い続けることで脳が興奮状態になり、眠りにくくなります。スマホの光に含まれるブルーライト見続けることでも睡眠障害が引き起こされます。さらにこのブルーライトは目にも悪く、視力低下などにもつながる危険性も。

路上わいせつに遭いやすい

女性で心配なのがこの「路上わいせつ」です。
スマホに集中しているときわいせつ被害に遭うと、加害者の特徴が思い出しにくいため狙われてしまうそうです。

スマホ依存症にならないために

このようなリスクを孕むスマホ依存症の対策ためには、まずは依存症かどうかを認識する必要があります。
そこで、まずはアプリを利用して簡単に自分のスマホの依存度を測ってみましょう。無料で使うことができます。

「スマホスピタル」を使おう

スマホスピタル_イメージ_featured_白
5月19日にリリースされた「スマホスピタル」を使うことで、簡単に現在のスマホの利用状況を調べることができます。その名の通り、「スマホのホスピタル(病院)」をコンセプトとしています。
起動すると登場するドクターのおじさんもキュートで癒されますね。

スマホ利用状況を診断!

????????_?? ージ_タイプ
今あなたのスマホにあるアプリなどのデータをもとにスマホタイプが診断され、同年齢の人の平均と比較することができます。この結果をもとに、自分がどれほどスマホを使用しているのか確認しましょう。見やすいグラフでわかりやすく解説してくれます。
スマホスピタル_イメージ_使用
今日1日使ったアプリを時間順に並べて表示してくれます。どのアプリの使用頻度が高いか、一目で知ることができます。

バッテリー消費を抑えることも可能!

スマホスピタル_イメージ_電池
現在起動しているアプリを確認することができます。さらに、スマホスピタルからアプリを終了させることも可能です。こまめにチェックすることでバッテリー消費を抑えましょう。
スマホスピタル_イメージ_電池2
電池消費が激しいと、おじさんが注意してくれます。

容量もチェック!

スマホスピタル_イメージ_容量
バッテリーだけでなく、スマホの容量を確認することができます。スマホの容量が少なくなってくると、スマホの動作が遅くなってしまいます。最近使っていないアプリを削除して、快適にスマホを使っていきましょう!

おわりに

スマホスピタル_イメージ_トップ
飲酒やタバコの依存のように、スマホ依存症も健康に大きな影響を与えます。ひどい状況になる前に、スマホスピタルでチェックを受けるべきです。
その他にも、
・スマホの動作が遅い
・電池の減りが早い
に当てはまるなら、「スマホスピタル」を使ってみましょう!

スマホスピタルのダウンロードはこちらから。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet