なんと200万円超え!Apple Watch EDITIONの値段の秘密とは

この記事の所要時間: 238

はじめに

Apple Watch EDITION 価格
4月24日にApple Watchが発売されます。Appleファンにとっては「身につけるために初めてデザインされた商品」として、待ちに待ったものなのではないでしょうか。

このApple Watchには3タイプあるのをご存知ですか?スタンダートなApple Watch、スポーツ仕様のApple Watch SPORT、そしてラグジュアリーなゴールド仕様のApple Watch EDITIONです。価格が一番安いのはSPORTタイプで4万2800円から。しかし、EDITIONは最安モデルでも140万ほどします。
なぜここまで価格差がでるのでしょうか。

EDITIONの価格が高い理由

Apple Watch EDITION 価格
Apple Watch EDITION
38mmケース:
1,382,400円(18kゴールドケースとスポーツバンド)~
2,354,400円(18kゴールドケースとモダンバックル)

42mmケース:
1,598,400円(18kゴールドケースとスポーツバンド)~
2,030,400円(18kゴールドケースとクラシックバックル)

一番安いモデルで約140万円、一番高いモデルで約235万円します。なぜココまで高いのか、それは製法に秘密があります。

特許までとった「Apple GOLD」

Apple Watch EDITION 価格
Apple EDITIONのコーティングに使われている金は、普通の金よりも特殊で贅沢なものとなっています。普通の金は銀や銅を混ぜ合わせた合金が多いのですが、Apple GOLDはセラミックのパーティクルを混ぜて造られたものです。そのため、普通の金よりも二倍硬く、丈夫なうえ軽いとのこと。

ディスプレイの違い

Apple Watch EDITION 価格
SPORTモデルに使われているディスプレイは「アルミノケイ酸ガラス」といわれる強化ガラスですが、EDITIONモデルは違います。ダイヤモンドに次ぐ硬度とされるサファイアガラスを採用した「サファイアクリスタルディスプレイです。これは酸化アルミニウムから作られた人工サファイアの加工品で、傷の心配もいらないほど強度は抜群です。Apple社によれば紙やすり、ハンマー、ドリルなどでディスプレイを破壊しようとしてもまったく傷がつかなかったそうです!!しかし、その分製造コストは高いのです。

おわりに

Apple Watch EDITION 価格
Apple Watchは各モデル・コーティング・ディスプレイなどの差異で価格が大きく変わってきますが、性能においては大差はないそうです。つまり、iPhone6/6 Plusと同じ素材でいいならば、安価なSPORTで十分といえるでしょう。普通の時計としての使用を考えているならば普通のApple Watchを、高級時計として使用するならばEDITIONを選ぶのがいいようです。
あなたはどのモデルを選びますか?

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2142954128650705301?&page=1
http://japanese.engadget.com/2015/03/09/apple-watch-38-218/

SNSウィジェット