子どもの将来をダメにする?!お小遣いのあげかた

この記事の所要時間: 227

はじめに

お小遣い 子ども ルール
みなさんはお子様にどのようにお小遣いをあげていますか?お小遣いというのは子どもの金銭教育としていい方法ですので、家庭それぞれのルールを決めてお小遣いをあげているのではないでしょうか。
しかし、そのお小遣いのルール、実は子どもの将来をだめにしている可能性もありますよ。

お小遣いをあげるということ

お小遣い 子ども ルール
金融広報中央委員会「子どもの暮らしとお金に関する調査 平成22年度調査」によれば、お小遣いの金額の相場として1ヶ月あたり小学生は500円、中学生は1000円、高校生は5000円だそうです。

また、お小遣いそのものをスタートする年齢としては、小学校2年から4年生ではじめる家庭が多いようです。

しかし、お小遣いをはじめるのに「お友達がもらっているから」という理由ではじめるのはいけません。
子ども自身に「買物にはお金が必要」「お金を出しても欲しいものがある」という2点を理解しない限りお小遣い制度は続きません。お小遣いをはじめるときは親子できちんと話し合い、事前にルールを決めることが大事です。

金額の決め方でしてはいけないこと

お小遣い 子ども ルール

「お手伝いをしたら○○円」という報酬制はNG

お手伝いや家事というのは、年齢なりにも家族の一員として当然の行為です。その当然の行為に報酬としてお小遣いを与えてしまうと、報酬目当ての手伝いしかやらなくなる可能性があります。

進級したからお小遣い額もUPというのはNG

お小遣いというのは将来の給料をもらう練習ともいえます。つまり、「お金は働くことで得るもの」と教えることが重要になります。そのため学年があがって自動的にお小遣い額があがるというのは、苦労せずに給料があがるというのと同じ意味になり、子どもにとって逆に害になる可能性もあります。
ただし、子どもから値上げ交渉されたときは積極的に受け付けて、親子で話し合って値上げするかどうか決めるといいでしょう。

前借りはNG

高額なものを欲しがったときに、今もらっているお小遣いの額じゃ足りないからといって前借りを許してはいけません。これは「我慢して貯めて使うこと」を覚える絶好のチャンスなのです。お小遣いをたとえ使い切ったとしても次のお小遣い日まで渡さない、というルールを子どもに理解させることが必要です。

おわりに

お小遣い 子ども ルール
子どもはお小遣いを自分でやりくりし、ときには失敗ながらもお金との付き合い方を覚えていきます。親としてやってはいけないのは、子どもに「お小遣いは苦労しなくてももらえるプレゼント」と思わせることです。お小遣いを渡すことによって、子どもが品物の価値をきちんと意識して買い物できるように促すことが大事なのです。

参考HP
http://itmama.jp/2014/04/03/57671/
http://matome.naver.jp/odai/2141435396417015901

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet