照明にかかる電気代を節約する、4つの技で部屋も家計も明るく!

この記事の所要時間: 551

照明 節約

はじめに

生活必需品の照明、いつもどれくらいの電気代を消費しているかご存知ですか?
なんと家庭の消費電力量の全体の16パーセントは照明に使われています。これはエアコンに次いで高い割合です。
しかし、簡単なことをいくつか実行するだけで簡単に電気代を節約することができます。ぜひ試してみてください。

電気代節約には、蛍光ランプ・LEDをニーズに合わせて使おう!

もし、家庭でまだ白熱灯を使っているのならば、電気代節約のためにやめましょう。
次の買い替えでは蛍光ランプ・LEDにすることで、電気代の節約が期待できるのでおすすめです。

電気代節約には、白熱灯をやめよう!

従来の54Wの白熱灯は、54Wの電力を消費します。しかし、同じ明るさの蛍光ランプは12Wしか消費しません。
加えて蛍光ランプのほうが6倍長く使えます。
電球自体は白熱灯のほうが600円ほど安いですが、総合的に見れば蛍光ランプのほうが断然お得です。
照明 節約

照明 節約

電気代節約には、LEDと蛍光ランプ、どちらが良いの?

照明 節約
巷では最近LEDを省エネだと推していますが、実は一概には蛍光ランプよりLEDのほうが電気代が安かったり、機能が良いとは言えません。
LEDのほうが蛍光ランプより明るいと言われますが、LEDの光には方向性があり広範囲を同じように明るくするには向きません。直下が非常に明るくなるため、慣れるまで違和感を感じる場合もあるようです。
一方蛍光ランプの光は、周囲に広がるように伸びるので、白い壁なら反射しやすく全体的に明るく感じます。また、LEDが使えない照明器具も多くあります。

しかし、LEDの強みはその長い寿命と早い点灯にあります。LEDの寿命は40000時間、蛍光ランプの6.6倍です。また、LEDはスイッチをつけると一瞬で点灯するのに対し、蛍光ランプは点灯まで数秒かかります。

一長一短の蛍光ランプとLED。どちらを選べばいいでしょうか。
電気代の節約をしたいのならば、場所や使用時間などの面から、ニーズに合わせて選択するべきです。

リビングや自室、長く照明を点けて使う場所は寿命の長さを生かしてLEDを使うべきでしょう。
新築であったり、今後引越しの予定がないのであれば、蛍光ランプより若干消費電力が少なく、寿命が長いLEDのほうがお得です。

蛍光ランプならば、トイレやお風呂、廊下などの短い時間しか使わない場所がおすすめです。
電球自体の価格がLEDより安いので、点けっぱなしに気をつければLEDより総合的に見て節約することができます。

長所短所を把握した上で、使用用途によってLEDと蛍光ランプを使い分けるのが節約の第一歩です。

※電球を買う際には、家庭の照明器具に対応したものかどうか以下のことを確かめてからご購入ください。

・口金のサイズ

LEDと蛍光ランプの口金は「E26」と「E17」の2種類があります

・照明器具の大きさ

*電球の長さや直径によって照明器具に入らない場合があります

照明器具の掃除をすると電気代節約にも

掃除は忘れがちになってしまいますが、汚れていると大幅に明るさに影響が出ます。
明るさ調整で、最大にしなければ明るくないっていうのは電気代的にも残念です。
せっかく蛍光ランプやLEDを選んだのに、明るさが落ちるのはもったいないですよね。

プラスチックならはたきで埃を落とした後、雑巾で拭くのがいいでしょう。
落ちにくい汚れは薄めた洗剤液をスプレーした後、ティッシュを貼って数分待ってから取り除けば綺麗になります。

照明 節約

特にキッチンの油汚れによる照明の汚れの掃除は大変です。
長い間放置しておくと、なかなか汚れが落ちなくなってしまいます。
拭き掃除の癖をつければ、面倒な油汚れにイライラすることもなくなるでしょう。

※照明を消してすぐ掃除をすると、火傷のおそれがあります。電気を消してから数十分待った後に掃除してください。

電気代節約のためには、壁のスイッチで消そう!

照明 節約

リビングや自室の照明、リモコンで操作できるものが多いですよね。
壁にある主電源のスイッチをわざわざ押しに行くのは確かに面倒くさい動作です。
しかし、リモコンで照明を消すと約1Wの「待機電力」がかかります。
使っていないのに主電源を切っていないので、不要な電気代がかかってしまいます。
電気代節約のために照明のオンオフは主電源で行ってみてください。毎日行えば自然と習慣になるはずです。

電気代節約のために、インテリアを活用しよう!

照明 節約

なるべく明るい色で家具を揃えてみてください。
白い壁紙にすれば照明の光を反射し、照明の数を少なくしてもとても明るい部屋に感じます。
窓から入る光を遮らないように気をつければ、日光だけでも明るい部屋を作ることが可能です。
また、天井から床に向けての照明だけでなく、壁を照らす照明も効果的です。

最後に

電球選びからインテリアまで、照明で電気代を節約できることはたくさんあります。
ぜひ実行しやすいものからやってみてください。
何気なく使っている照明だからこそ、使い方に気をつけると大きな成果がでることでしょう。

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の光熱費はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかった出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後も光熱費の節約の様な節約情報やお得情報、お金に関する雑学を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet