キレイに節約♪ 美しさを保ちながら美容費を節約する4つのテクニック!

この記事の所要時間: 359

はじめに

美容

「月に美容費っていくらかける?」

面とむかって周りの人には、聞けないけど、気にしている方はきっと多いと思います。

増税から随分たって、泣いてばかりもいられない今日この頃。

自分の美容費を削っても、家計のために、と試行錯誤されている主婦の皆様もいるでしょう。

今回は、キレイは維持しつつ、美容費節約目指す具体的なアイディアを紹介します。

できることからコツコツと、楽しみながら、無理なく実践してみましょう。

1.高額コスメはモニター・トライアルを活用

美容 化粧品

美容費で、最も大きな割合をしめるのが、コスメ。

メイクにかかる費用、という方も多いはずです。

モニター、トライアル制度を上手に活用すると、無料やお値打ち価格でゲットできます。

「どこで情報を集めていいか分からない」という方は、「モニプラ」や「サンプル百貨店」、トライアル商品を集めた情報サイトを覗いてみてください。

こだわるアイテムにはこだわって、優先度の低いアイテムは、モニター制度を利用、など。

自分の中の優先順位を重視して、メイクアイテムの節約仕分けを進めることをおすすめします。

2.シンプル美容のすすめ

美容 化粧品 2

キレイな人に美容の秘密を聞いたら、

「何も特別なことはしていないのよ」

という返事が返ってきた……ということはよくあること。

最新の化粧品を使ったり、あれこれ美容器具やエステを駆使したりするのもよいですが、シンプルなもの、昔からあるものには、肌自身の自然治癒力を高めてくれるものが多いようです。

例えば、薬局で1,000~2,000円で手に入る馬油やビタミンCがたっぷり入って、美白効果があることで知られるローズヒップオイル。

これらを洗顔のあと、じっくりなじませるだけといったシンプル美容を試してみるのもよいかもしれません。

手づくり化粧品もおすすめです。

例えば、薬局で売っている精製水・無水エタノール・グリセリンを組み合わせれば、簡単にローションを作ることができます。

余計な添加物が入っていないという安心感もさることながら、さっぱりしたローションが好みなら無水エタノールの割合を多めに入れてみましょう。

しっとりした効果が欲しいならグリセリンを多めになど、自分の好みや肌にあわせて微調整が効くのも魅力です。

いずれの材料もドラッグストアで数百円~1,000円前後で手に入ります。

3.クーポン券を使おう

美容 クーポン

美容費の中で、化粧品代とともに上位に来るのが、この美容院代ではないでしょうか。

もちろん、自分のお気に入りのお店に通いたいのはわかりますが、新しいお店をまわって、初回限定割引ばかり受けるという節約術はいかがですか?

また、ホットペッパーなどのクーポン券を利用するのもいいですね。

楽天Beayty
http://ad2.trafficgate.net/t/r/10/5912/80565_172441/

ホットペッパービューティ
http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2407608&pid=876040817

4.普段着はシンプルで長く使えるデザインをチョイス

美容 服

普段着を購入するときは、とにかく着回し重視。

シンプルで良質な素材のものを選ぶと、飽きがこないので、結果的には、節約につながります。

Tシャツやカットソー、パンツ、ジャケットのインナー、日々の暮らしで着るものは、奇抜な流行りのデザインよりも、モノトーンやベージュカラー。

自分の身体のラインにあわせた快適ファッションを選択することを、おすすめします。

おわりに

美容

美容のために化粧品を揃えたり、エステに足しげく通ったりというのもよいですが、もっと根本から体調を整えるということが、やはり美容への究極の近道。

お肌に大切な3大要素は結局のところ、充分な睡眠、保湿、栄養に尽きます。

肌によいビタミンC・D・E、たんぱく質をバランスよく含んだ食事を規則的に取ったり、部屋の湿度に気を遣ったりは習慣にしたいもの。

夏の冷房や冬の暖房で乾燥を感じたら、部屋に濡れたタオルを干したり、湯気のでる温かい飲み物が入ったマグカップを手元に置いたりなど、加湿器がなくても保湿のために採れる手段はいくらでもあります。

そして、なんといっても毎日たっぷりと睡眠をとってさわやかに目覚めること。

疲れていては、どんなにメイクやファッションに気を遣っても肌が美しく見えません。

結局は健康と睡眠こそが最高の化粧品といえそうです。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet