フランス人に学べ!お金を使わなくても生活を楽しむ方法

この記事の所要時間: 314

はじめに

フランス人 お金 使い方 考え方

みなさんはどのようなことにお金を使いますか?テレビや雑誌で紹介されていた美味しいレストランへ行く、流行の服を買いにいく、オシャレな雑貨を買う…と様々なことにお金をかける人が多いのではないでしょうか。わたしたち日本人は、どちらかというと生活を楽しむためにお金を使っていることのほうが多いように思います。

しかし、フランス人はわたしたちとは少し違って、お金を使わなくても生活を楽しんでいるようです。お金を使わずに生活を楽しむってどんなことなのでしょうか。

フランス人にとってお金とは・・・?

フランス人 お金 使い方 考え方

フランス人はお金を「モノを買い集めるもの」ではなく、「自分たちが必要なものだけを補充するためのもの」と考えています。そのため、フランス人はモノの値段にとてもシビアです。金額の多寡に関係なく、本来あるべきモノの値段に対してよく吟味します。つまり、安かったら買うべきというものでもなく、何か1つ買うにしてもよく考えます。

  • 自分にとってそれは必要なものなのか
  • 他のもので代用できるものはないのか
  • もっと安く買える店はないのか

このようなことをじっくり考えて、モノの購入にいたるそうです。

基本的にモノを捨てない

フランス人 お金 使い方 考え方

フランス人はモノを捨てません。と言っても、何でもかんでも捨てないっていうわけではなく、モノを最後まできちんと使うということです。
例えば、一度使ったラップ類やペーパータオルを再利用したり、野菜のゆで汁も捨てずに次の野菜やパスタをゆでるのに使ったり、焦げでさえも飲みかけのワインを入れてソースに利用したりします。

古くても安くても自分の気に入ったものであればOK

フランス人 お金 使い方 考え方

パリ・コレなどがあるのでフランスはファッションの聖地と思われていますが、町ですれ違うパリジェンヌたちは流行の服を着ているわけではありません。洋服はユニクロやH&M、ZARAなどのファストファッションで安くすませ、スカーフやアクセサリーを利用して自分らしくアレンジを楽しんでいます。つまり、自分の気に入ったものを自分の好きなように着ていれば、高いブランド服を着るよりもずっと彼女たちにとって価値があるのです。

お金をかけない休日の過ごし方

家にあるもので済ますホームパーティー

フランス人 お金 使い方 考え方

ホームパーティーといえば思い浮かべるのは少し手のこんだ料理を招待客に振舞うパーティーですが、フランスでは違います。家にあるチーズ、サラミ、ソーセージなどを切っただけでもホームパーティーになります。大切なのは大層な料理を用意し、それを楽しむことではなく、好きな仲間たちと一緒に時間を過ごすということだけなのです。

趣味は散歩

フランス人 お金 使い方 考え方

フランス人の趣味の多くは散歩だそうです。家の周りや公園などいろんな場所で友達同士や家族全員で散歩している姿がよくみられます。なんとも経済的で健康的な趣味ではないでしょうか。

遠出することだけがデートではない

デートも遠くへ出かけるだけではなく、ただ近場でショッピングしたり、カフェでランチを楽しむだけでもフランスでは立派なデートになります。

おわりに

フランス人 お金 使い方 考え方

フランス人は、「お金でどれだけのものを買ったか」ということに幸せを感じるのではなく、「好きな仲間や家族と一緒に過ごす時間」をなによりも大事にしています。モノも簡単に捨てるのではなく、自分風にアレンジしたり、最後まで使い切ったりというのも見習うべき点ではないでしょうか。
フランス人のお金についての考え方や使い方を参考にしつつ、わたしたちも節約しながらも自分らしく生活を楽しめていけたらいいですね。

参考HP
http://matome.naver.jp/odai/2140997146252270701
http://weboo.link/article/4855?p=3

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet